通信大学の学費 学費の安さが通信制大学の魅力

ここでは通信大学の学費について比較しています。

一般的な大学に比べ通信大学の方が圧倒的に学費が安いのが最大の魅力です。

今回は例として『小学校の1種免許が取得できる通信大学』のうち特に有名な大学における学費を比較しています。

お断りとして、学費に違いはあったとしても同じ小学校1種免許が取得できます。

各通信大学の学費の詳細は、一番右側の『学費内訳』の欄にある『学費詳細』から見ることができます。


通信大学の大まかな学費

以下では大まかな学費の目安を紹介しています。初年度に必要とされる学費と、教員免許を取得するまでに必要な学費のみ掲載しています。

大学名初年度の学費免許取得までに必要な学費
東京未来大学約22万円約60万円
明星大学約17万円約35万円
星槎大学約40万円約80万円
聖徳大学約40万円約52万円
玉川大学約22万円約40万円
創価大学約30万円約40万円
東京福祉大学約26万円約80万円
佛教大学約21万円約51万円

ここに掲載している学費は「免許取得までにかかる一般的な学費」です。免許取得までは大抵2年ほどかかるので、2年間の学費と考えていただいて良いと思います。

免許を取るための学費としてはかなり安いということが分かると思います。



免許取得までに必要な学費として最も安いのは「明星大学」です。1ヶ月約1万円ちょっとの金額で免許取得をすることができます。

私は学費の安い明星大学を選んだわけですが、お金がなかった当時でも自分で学費を支払うことができました。

明星大学の他にも「玉川大学」、「創価大学」あたりが学費が安く設定されています。

学費の細かな内訳

次に学費の細かな内訳を紹介します。


通信大学で小学校免許を取得するときの学費の目安

※表をクリックすると大きな画像で見ることができます。

区分


大学名区分
明星大学正科課程履修生
聖徳大学過程正科生
玉川大学3年次編入生
星槎大学正科生
創価大学3年次編入学

例えば4年制大学を卒業しており、教員免許を持っていない人は大抵3年生からスタートします。その際に大学によって呼び方が異なります。「正科生」といったり「過程正科生」といったり、「3年次編入生」と言ったり様々です。

入学する際に自分の状況を大学側に伝えれば、「では〇〇生ですね」と教えてくれます。

入学金


下は2万円台から上は5万円台と幅が広くなっています。

選考料


選考料は、通信大学に書類を送り、大学に書類選考をしてもらう費用です。大抵の場合が1万円前後です。選考料であるため入学してもしなくても返金はされません。

編入料


多くの場合、すでに他の大学を卒業し、その後、免許や資格を取得するために通信大学に入学する人が多いです。そのため1年生から入学するわけではなく、3年生からの入学になる人が多く、これを編入と言います。

この費用が必要となる大学がいくつかあります。

必要となる場合でも1万円~2万円です。

授業料


各大学により異なります。基本的に1単位〇〇円といった計算方法となります。1単位5000円~と考えておくと良いでしょう。

授業料の中に教科書代や単位取得のための試験料が入っている大学もあれば、そうではない大学もあります。

スクーリング


スクーリングは直接授業を受けることです。スクーリングの授業料は通常の授業料よりも若干高めに設定されています。スクーリングは必修科目を除けば受講する必要はありません。

スクーリングについて

初年度に必要な学費


初年度が入学金や選考料、教科書代金などまとまって必要となるため、2年目よりも若干お金がかかります。

初年度に必要な学費は安い大学だと約12万円。高い大学では約40万円必要となってきます。

免許取得までに最低限必要な学費


色々紹介しましたが、結局ここが一番気になるところだと思います。

大学名免許取得までに必要な学費
明星大学約35万円
聖徳大学約52万円
玉川大学約40万円
星槎大学約80万円
創価大学約40万円

通信大学により、結構大きな金額の開きになったかと思います。この金額には「スクーリング費用」が入っていないため、スクーリングを多くとる人であればもっと金額が大きくなることと思います。

逆にスクーリングをほとんど取らない人であれば、ここに掲載されている金額に近い金額で免許取得が目指せると思います。

学費だけで言うと、教員免許取得までに必要な学費が一番安い大学は約35万円ほど。高いと約80万円となっています。

ただし、スクーリングに行く際に必要となる交通費や宿泊費もあることを忘れてはいけません。

ただし先ほども触れましたが、スクーリングにどれだけ参加するのか、交通費や宿泊費がどれだけかかるのかによって、使う金額は変わってきます。

お断りとしてですが、学費の違いで免許が異なるといったことはありません。私は通信大学の中でも学費が安いと有名な明星大学で教員免許を取得しましたが、特に問題なく免許を取ることができましたし、それを利用して担任として教壇にも立つことができました。



「免許取得までに最低限必要な学費」を参考にしてください。最低限と言うのは、必修以外のスクーリングに参加せずに免許を取得する場合です。スクーリングに参加することで、その分、費用が上乗せされていきます。

注意


教員免許を取得するためには、「教育実習」と「介護等体験」は必修となります。教育実習であれば連続で2週間~4週間。介護等体験であれば2日+5日の時間を確保しなければなりません。



通信大学の学費は間違いなく安い!




上記の表を見てもらっても分かるように、そして一般的な大学に通ったことのある人であれば分かるかと思うのですが、通信大学の学費は通常の大学の学費に比べると驚くほど安いことが分かると思います。

特に生徒在籍数が多い通信大学ほど学費が安い傾向にあります。学費の安い明星大学は、通信大学生の数はおよそ5000人と言われています。

表の「合計」の欄は免許が取れるまでにかかる最低限の金額だと考えてください。

学費による免許の違いはない



学費は大学によって異なりますが、取得できる免許は同じものです。なのでお好きな通信大学を選んでよいと思います。

私の場合は「明星大学」で教員免許を取得しました。明星大学を選んだ理由は「学費の安さ」「知り合いの先生の助言」によるものでした。

ここに掲載している通信制大学の中で、当サイトでの人気が高い順番に挙げるとすると佛教大学」「明星大学」「東京未来大学です。

学費が安い明星大学を選んだ結果




いくつかの理由で学費の安い明星大学を選んだ私ですが、学費が安いからと言って質が低かったかと言うと、そんなことはありません。

他の通信大学に通ったわけではないため比べようがありませんが、普通に出された課題に対しレポートを作成し、それに対する科目修了試験を受けました。レポートや試験の難易度は適切なものだったと思います。

2年半で免許も取得できましたし、それで小学校で働くこともできました。

なのでこれは私の憶測に過ぎませんが、学費の差があったとしても、どこの通信大学で勉強しても同じだと思います。ちなみに教育現場で働くことにおいて、どのような方法で教員免許を取得したのかは全く関係ありません。

それにそれが障害となって差別を受けることもありません。免許は免許です。4年制大学で取得したとしても、教育大学で取得したとしても、通信制の大学で取得したとしても、同じ免許です。

私の知り合いでは通信大学で教員免許を取得し、学年主任を務めた先生もいます。免許は教員になる為のただの条件に過ぎません問題は教壇に立ってから何をするのかだと思います。

「通信大学の学費 学費の安さが通信制大学の魅力」内の記事一覧

星槎大学の学費 詳細

聖徳大学の学費 詳細

淑徳大学の学費 詳細

玉川大学の学費 詳細

創価大学の学費 詳細

明星大学の学費 詳細

東京未来大学の学費 詳細

東京福祉大学の学費 詳細

佛教大学で小学校教員免許を取得するときの学費

全国の通信大学

所在地大学名
北海道北海道情報大学
群馬県東京福祉大学
埼玉県人間総合科学大学
千葉県聖徳大学 / 帝京平成大学 / 放送大学
東京都明星大学 / 日本大学 / 玉川大学 / 創価大学 / 東洋大学 / 法政大学 / 慶応義塾大学 / 日本女子大学 / 自由が丘産能短期大学/ 東京未来大学 (オススメ) / 武蔵野大学 / 武蔵野美術大学
神奈川県星槎大学
愛知県愛知産業大学 / 愛知産業大学短期大学 / 日本福祉大学
大阪府大阪芸術大学
京都府佛教大学 / 佛教大学大学院 / 京都造形芸術大学
兵庫県神戸親和女子大学 / 姫路大学
岡山県吉備国際大学
宮崎県九州保健福祉大学

スポンサードリンク


このページの先頭へ