常勤講師と非常勤講師との違い

常勤講師と非常勤講師には違いがあります。

いくつか例を挙げてみましょう。

勤務時間

常勤講師は基本的に教諭(正規採用された先生)と同じなので、8:00~16:45までです。(勤務時間は学校や各市町村、教育委員会によって若干異なります。)

非常勤講師は、自分の授業のときだけ学校に勤務をするといった形態をとります。

給料

常勤講師は他の教諭と同じ扱いになるため、固定給です。その際、前職や経験等がある場合には、加味されることがあります。非常勤講師は時間給となるため、アルバイトと同じと考えてよいと思います。

仕事の内容

常勤講師は他の教諭と変わりません。担任にもなりますし、部活動を持つこともあります。教諭のしている仕事のほとんどをすることになります。

非常勤講師は、担任を持つことはありませんし、部活動を持つこともありません。

有給休暇

常勤講師には各都道府県にもよりますが、年間20日の年休(有給休暇)があります。非常勤講師にも有給休暇はあります。全ての労働者は、労働基準法に守られているため、勤務日数や様々な要因が絡んできますが、いずれにしても有給休暇を取ることは可能です。


 

全国の通信大学

所在地大学名
北海道北海道情報大学
群馬県東京福祉大学
埼玉県人間総合科学大学
千葉県聖徳大学 / 帝京平成大学 / 放送大学
東京都明星大学 / 日本大学 / 玉川大学 / 創価大学 / 東洋大学 / 法政大学 / 慶応義塾大学 / 日本女子大学 / 自由が丘産能短期大学/ 東京未来大学 (オススメ) / 武蔵野大学 / 武蔵野美術大学
神奈川県星槎大学
愛知県愛知産業大学 / 愛知産業大学短期大学 / 日本福祉大学
大阪府大阪芸術大学
京都府佛教大学 / 佛教大学大学院 / 京都造形芸術大学
兵庫県神戸親和女子大学 / 姫路大学
岡山県吉備国際大学
宮崎県九州保健福祉大学
※所在地は本部を置いている場所です。

記事のタイトルとURLをコピーする

このページの先頭へ