教諭と講師の格差(Aさん編)

これは講師をしているAさんからの投稿です。

 

教諭と講師には多少の身分の違いがありますが、仕事ではそこまで大きな差はありません。

 

しかし、現実は違うことがあります。

 

私が始めて講師をしていた学校では、私のことをとてもかわいがってくれました。

 

「講師なのに悪いわね」

 

という言葉をかけてくれ、非常に気楽に仕事が出来ていました。

 

なぜ「講師なのに悪いわね」なんて言葉をいただけるのかというと、講師は臨時的なものでありその学校に空きができ、手が回らないのでどうしても入ってもらいたいという学校側からの希望で入っているのです。(大袈裟かも・・・笑)

 

しかし、実際に講師がいないと学校は回らないことがあります。前の学校ではそういった扱いを受け、分からないことは助けてもらっていた私ですが、現在の学校では、全く違った扱いを受けています。

 

まず、他の先生から話しかけられることがほとんどなくなりました。

 

また、「そんなことも知らないの?」

 

と言われる事が多くなりました。講師は採用試験に合格をしていない、教員免許取得者の多くがしている仕事です。つまり、満足な研修を受けていません。採用試験に合格すれば、初心者研修なるものを1年間みっちり受けることが出来るのですが、講師はそういうわけにはいきません。

 

いきなり、ベテランの先生と同じように教壇に立つのです。ですから、教員の仕事について知らないことが多いということが現状です。

 

それなのに、「そんなことも知らないの?」

 

と言われるのは納得が出来ません。また、他の講師仲間は視線すら与えられないこともあるようです。同じ学年で集まり、話し合いをする際にも全く講師には視線をよこさず、どんどん話を進めていくらしいのです。講師なので、ベテランの先生の話にはなかなかついていけません。それなのに、話はどんどん進み、全くわからない状態で学級運営をしていくのです。

 

私は、もっと講師に対する扱いを考えて欲しいと思いました。また、周りのベテランの先生方も講師をもっと大切にしてもらいたいと思います。


 

全国の通信大学

所在地大学名
北海道北海道情報大学
群馬県東京福祉大学
埼玉県人間総合科学大学
千葉県聖徳大学 / 帝京平成大学 / 放送大学
東京都明星大学 / 日本大学 / 玉川大学 / 創価大学 / 東洋大学 / 法政大学 / 慶応義塾大学 / 日本女子大学 / 自由が丘産能短期大学/ 東京未来大学 (オススメ) / 武蔵野大学 / 武蔵野美術大学
神奈川県星槎大学
愛知県愛知産業大学 / 愛知産業大学短期大学 / 日本福祉大学
大阪府大阪芸術大学
京都府佛教大学 / 佛教大学大学院 / 京都造形芸術大学
兵庫県神戸親和女子大学 / 姫路大学
岡山県吉備国際大学
宮崎県九州保健福祉大学
※所在地は本部を置いている場所です。

記事のタイトルとURLをコピーする

このページの先頭へ