各都道府県で異なる試験スタイル

教員採用試験は、各都道府県で毎年行われています。それに伴い、各都道府県での試験のスタイルは似て非なるものです。

大抵の都道府県では、1次試験と2次試験があります。

1次試験は、一般教養、教職教養、専門教養といった物の中から出題されます。この全てから出題してくる都道府県もあります。更に面接があります。面接も各都道府県により異なり、一回だけのところと複数回行うところがあります。

2次試験は、かなり各都道府県で試験スタイルが異なってきます。1次試験のように筆記試験を課すところもあれば、筆記試験はなく面接と実技だけといったところもあります。

試験の難易度もそれぞれです。

1次試験での筆記試験がとても難しく、2次試験がとても難しい場合や、その逆の場合があります。各都道府県により、何次試験を重要視するのかが異なってくるのです。

【A県】
1次試験は簡単で、8割方合格する。2次試験でも筆記試験があり、1次試験の筆記試験よりも難易度が上がる。集団討論と個人面接が1回ある。典型的な2次試験型の県である。

【B県】
1次試験は広範囲から試験が出題される。難易度も多少高めである。面接は3対1形式である。2次試験では、集団面接1回、個人面接2回、実技があり、面接重視型の県と言える。

このように、各都道府県により、かなり試験のスタイルが異なってきます。教員採用試験を受ける際には、受験する県の試験内容をしっかりと調べた上で勉強してください。


 

全国の通信大学

所在地大学名
北海道北海道情報大学
群馬県東京福祉大学
埼玉県人間総合科学大学
千葉県聖徳大学 / 帝京平成大学 / 放送大学
東京都明星大学 / 日本大学 / 玉川大学 / 創価大学 / 東洋大学 / 法政大学 / 慶応義塾大学 / 日本女子大学 / 自由が丘産能短期大学/ 東京未来大学 (オススメ) / 武蔵野大学 / 武蔵野美術大学
神奈川県星槎大学
愛知県愛知産業大学 / 愛知産業大学短期大学 / 日本福祉大学
大阪府大阪芸術大学
京都府佛教大学 / 佛教大学大学院 / 京都造形芸術大学
兵庫県神戸親和女子大学 / 姫路大学
岡山県吉備国際大学
宮崎県九州保健福祉大学
※所在地は本部を置いている場所です。

記事のタイトルとURLをコピーする

このページの先頭へ