教員採用試験のための勉強法

近年は合格しやすい採用試験

教員採用試験は非常に難関です。これは教員を目指している方なら誰もが知る事実です。

しかし、近年では一昔前に比べ合格の確率が上がってきました。理由としては、団塊の世代と言われていた、現在50代後半の人たちの大量退職によるものです。ですからここ数年がチャンスとも言えます。ちなみにその影響からか、近年大阪では倍率1.9倍という数字になっています。2人に1人は合格ということです。

だたし、小学校、中学校、高校とどこを受けるのか。そしてどの教科で受けるのかによって合格率は大きく異なります。比較的合格しやすいのは「小学校」です。特に教科が分かれているわけでもありませんし、採用人数も多いためです。一方、特に「高校」の場合は競争率が高くなります。

また、受験する都道府県によっても受験者数が大きく異なり、倍率も異なってきます。受験者の中には、複数の都道府県で受験する方もいるくらいです。

教員採用試験のための勉強法

例えば小学校の教員採用試験の場合。国語・算数・理科・社会。音楽・図工・家庭科・体育の中から2教科選択といったようになっています。また、「教職教養・一般教養」もあります。

これは、ある大学の先生から聞いた話ですが、試験の内容は主に3・4年前の過去問から多く出題される傾向が強いようです。理由としては、問題を作成する人は18人。この中で6人が1年ごとに辞め、新たに6人選抜される形をとるらしいのです。

つまり、全員が交代するわけではないので、数年前の問題傾向がそのまま色濃く残るらしいのです。そして、1年前の問題をそのまま使用するわけにもいかないので、3年前もしくは4年前の問題が主となるようです。

また、採用試験は多くの都道府県では7月に行われます。一般教養には、自治問題が出題されます。しかし、採用試験は前の年の12月には印刷工場へ出してしまうらしく、試験のある年の1月から試験当日までの自治問題は全く出てこないということです。よく考えてみれば確かにその通りです。

また、あまり多くの参考書を使用せずに、自分で決めた1つもしくは2つの参考書で徹底的に勉強したほうが効率は良いそうです。ちなみに、教員養成セミナーは採用試験を受ける人の基本とされています。

通信大学で教員免許を取得した方は

通信大学で教員免許を取得した方は、『免許を取得するための勉強はしたかもしれませんが、教員採用試験に合格するための勉強はしていない』のが現状です。例えば、教育大学に通っていた方は教員免許を取得するための勉強を大学3年生まで行います。そして4年生になると、教員採用試験に向けた勉強を行います。

教育大学でみっちりと勉強をしてくるのです。なので、現役の学生は非常に強いと言えます。一方、通信大学で教員免許を取得する方は、少しの時間を見つけて免許を取得するので、採用試験の勉強まで一緒にするということはなかなか難しいと思います。なので、教員免許を取得してから、仕事の合間を縫って採用試験の勉強を開始する人が多いのです。

ただ、自分一人での勉強はなかなか難しいと思います。なので、「教員採用試験に合格するための専門学校」に通ってしまった方が正直効率が良いと私は思います。

東京アカデミー 資料請求

 

全国の通信大学

所在地大学名
北海道北海道情報大学
群馬県東京福祉大学
埼玉県人間総合科学大学
千葉県聖徳大学 / 帝京平成大学 / 放送大学
東京都明星大学 / 日本大学 / 玉川大学 / 創価大学 / 東洋大学 / 法政大学 / 慶応義塾大学 / 日本女子大学 / 自由が丘産能短期大学/ 東京未来大学 (オススメ) / 武蔵野大学 / 武蔵野美術大学
神奈川県星槎大学
愛知県愛知産業大学 / 愛知産業大学短期大学 / 日本福祉大学
大阪府大阪芸術大学
京都府佛教大学 / 佛教大学大学院 / 京都造形芸術大学
兵庫県神戸親和女子大学 / 姫路大学
岡山県吉備国際大学
宮崎県九州保健福祉大学
※所在地は本部を置いている場所です。

記事のタイトルとURLをコピーする

このページの先頭へ