介護実習体験記 養護学校編

介護実習には介護福祉施設での介護実習養護施設での介護実習があります。

養護施設では知的障害者や肢体障害者への介護体験でした。計2日間の体験となりましたが、非常に良い経験になりました。

私の他大学生が3人、合わせて4人での実習となりました。私の担当は小学校2年生でした。各学年共に2~3クラスありました。生徒2~3人に教師1人の割合でした。そのため、教師の数はかなり多かったです。

養護学校はとても大きい

私の行った養護学校は小学校・中学校・高校と入っていたので教師の数は膨大は物でした。また、子ども2人~3人に対し一人の教師が付くので、教師の人数が多くなるのです。職員室ではマイクを使って話すほどでした。私の行ったクラスでは主に自閉症の子供が多かったです。その他にはダウン症の子どももいました。

養護学校の1日の流れ

学校での主な活動は、朝学校に来たら職員会議です。その後、学年会議をし子どもを迎えます。多くの子どもは学校まで学校専用のバスでやってきます。玄関で迎えた後、担当の子どもと一緒にクラスへ向かいます。まずすぐにトイレに行かせます。そのときほとんどの子どもがオムツをしていますので、パンツに履き替えさせます。低学年のうちにトイレの仕方をしっかりと身に付けさせることが目的です。

子どもはオシッコをしたいからといってトイレに行くという意識はまだないようでした。ですから一定の時間でトイレに行かないと、パンツを濡らしてしまうのです。その後、荷物の整理をします。しっかりとカバンから給食着や体操服を出して、決まったところにしまうようにします。

片付けが終わったらしばらく自由時間です。

20分ほどで朝の会が始まります。子ども1人が前に出て司会をします。その際には子どもは勿論流暢に言葉を話すことはできないので、先生が促しながら進めます。と同時に手話を簡単にした動作を交えます。これは上手く言葉を話せない子どもも多いので、意思の疎通の方法の1つとして取り入れているようです。

朝の会は全員参加型です。勝手に先生が進めていくのではなく、しっかりと自立した生活を子どもに送らせようとゆっくりでも会は進みます。

朝の会が終わるとトイレの時間を挟み授業が始まります。私が体験した授業は体育と図工でした。なるべく簡単な授業内容になっていましたが、しっかりと子ども自身に行わせていました。2時間の授業の後、給食の時間です。食堂まで行き昼食を取ります。

養護学校でもしつけはしっかり

ここでは教師は食事の仕方を細かいところまで注意します。ある先生が言っていました。

「障害を持っているから食事の仕方がしっかりとしていないと周りの人に言われるのは嫌です。だから作法はしっかりと身につけさせたいのです。」

ですから、子どもが食事を手で食べていると注意しますし、こぼしていても注意をします。給食が終わると大抵帰りの会が始まります。たまに給食の後も授業があることがあります。

帰りの会の前に再びトイレに行き、パンツからオムツに履き替えます。帰りの会も朝の会同様全員参加型です。その後、玄関まで行きバスに乗せます。

ここで子どもの一日は終わりです。その後教師は教室の掃除や職員会議を行います。結構多くの会議がありました。空いている時間は図工の準備を行ったりします。なるべく手作りをするようにしていました。


 

全国の通信大学

所在地大学名
北海道北海道情報大学
群馬県東京福祉大学
埼玉県人間総合科学大学
千葉県聖徳大学 / 帝京平成大学 / 放送大学
東京都明星大学 / 日本大学 / 玉川大学 / 創価大学 / 東洋大学 / 法政大学 / 慶応義塾大学 / 日本女子大学 / 自由が丘産能短期大学/ 東京未来大学 (オススメ) / 武蔵野大学 / 武蔵野美術大学
神奈川県星槎大学
愛知県愛知産業大学 / 愛知産業大学短期大学 / 日本福祉大学
大阪府大阪芸術大学
京都府佛教大学 / 佛教大学大学院 / 京都造形芸術大学
兵庫県神戸親和女子大学 / 姫路大学
岡山県吉備国際大学
宮崎県九州保健福祉大学
※所在地は本部を置いている場所です。

記事のタイトルとURLをコピーする

このページの先頭へ