教育現場でのベルマーク集めに問題!?PTA活動ではなく委員会活動にすれば良いのでは?

ベルマーク集めが問題になっているという話を聞きました。

「ベルマークは、PTAの親が集まって集計するため時間を取られてしまう。活動自体に疑問があるが、楽しみにしているPTAメンバーもいる。」

と言ったものです。

ベルマークの集計を楽しみにしているメンバーの中で発言力のある人がいると、本来任意で集まるはずの活動に強制的な空気が流れてしまうことがあります。これを嫌がる方がいるということです。

その他にもPTAが関わる活動が学校にはあるのですが、学校現場の教員にはどのように映っているのでしょうか。

一般教員から見たPTA

PTAは学校にとって大事なものです。なぜなら保護者で編成されているからです。教員にとって保護者は良い理解者でもあり、一番気を付けなければいけない存在です。

ただし、正直な話、あまりPTAと関わることはありません。1年の内に本当に数える程度です。そのため教員の中には、どういったPTA活動があるのか把握していない人もいると思います。

それほど「目立たない」ということです。PTAの活動を軽視しているわけではないのですが、「何をやっているのか分からない」というのが正直なところです。

例えばPTAには、必ず「PTA会長」が存在します。これは児童の保護者の中から選出されるわけですが、PTA会長の顔や名前を知らない職員はかなり多いと思います。

このように、あまり教員とPTAとの接点はないということなのです。教員だけではありません。おそらく保護者の多くも誰がPTA役員で会長なのか、知る人の方が少ないと思います。

そもそもベルマークは誰が集計をする

今回の件ですが、「PTAの方が集まってベルマークを集計する」ということが問題の発端となっているようですが、そもそもベルマークの集計は学校児童が行うことが多いと思います。

「ベルマーク委員会」といった「児童によって構成されたグループ」が集計を行っていることが多いです。学校や地域によって異なるのかもしれませんが、その方が保護者の手を煩わせることがありません。

通常委員会には教員が数名付いているので、集計活動自体もしっかりと管理をしてくれます。考えてみてください。ベルマークを点数ごとに分類し、「点数×ベルマークの数+点数ごとの合計を集計する」程度の作業は、小学校高学年であれば通常できる単純作業です。

ただ一概に言えないこともある

ベルマークの集計は単純作業であり、委員会活動の時に児童が行えば今回のような問題にはならないのですが、一概にPTAによるベルマーク活動も「全く必要ないとは言えない」側面も持っています。

近年、地域活動は少なくなってきました。子供会が良い例です。まず、子供会自体に所属しない家庭が増えてきました。また、所属していたとしても子供会の中に、誰がいるのか分からないといったことも珍しくありません。

子供会の存在意義が問われてきていると思います。

このようなこともあり、保護者同士のつながりも希薄になってきているため、今回の件のように、「ベルマークの集計」と称して、保護者が集まることも大事と言えば大事なのです。


 

全国の通信大学

所在地大学名
北海道北海道情報大学
群馬県東京福祉大学
埼玉県人間総合科学大学
千葉県聖徳大学 / 帝京平成大学 / 放送大学
東京都明星大学 / 日本大学 / 玉川大学 / 創価大学 / 東洋大学 / 法政大学 / 慶応義塾大学 / 日本女子大学 / 自由が丘産能短期大学/ 東京未来大学 (オススメ) / 武蔵野大学 / 武蔵野美術大学
神奈川県星槎大学
愛知県愛知産業大学 / 愛知産業大学短期大学 / 日本福祉大学
大阪府大阪芸術大学
京都府佛教大学 / 佛教大学大学院 / 京都造形芸術大学
兵庫県神戸親和女子大学 / 姫路大学
岡山県吉備国際大学
宮崎県九州保健福祉大学
※所在地は本部を置いている場所です。

記事のタイトルとURLをコピーする

このページの先頭へ