先生が嫌い だから勉強ができない!?

長い間、子どもに物を教える仕事をしていると、「なぜその子が成績が上がるのか、もしくはあまりよろしくないのか」というのが分かってくるものです。

「覚える力はあるはずなのに・・・」

今回は「能力はあるのになぜか身に付かない」といった事例をお話したいと思います。

能力は問題なし 問題は興味・関心

私は勉強に一番必要なものは「能力」「興味・関心」だと思っています。まず「能力」ですが、今回は「記憶力」を指したいと思います。勉強をするということは、一定の記憶を脳の中に入れるということです。インプットですね。この記憶力には当然個人差があり、1回で覚えられる子どももいれば10回かかる子供もいるし、100回かかる子どももいるかもしれません。記憶力に関しては平等ではないと言えるでしょう。

なので、記憶力が良い子どもの方が、勉強が得意になりやすいものです。

しかし、その記憶力に「興味・関心」が大きく影響します。この典型が「ゲーム」「アニメ」です。あまり勉強が得意でない子どもでも、ゲームやアニメの詳細を覚えているのを目の当たりにすることは珍しくないと思います。興味関心があるから集中力が増し、記憶へと繋がっているのです。

つまり、どのような事でも、興味関心を持たすことが出来れば、物を覚えるということはそこまで難しいわけではないのです。

では実際にあったお話をしたいと思います。ある中学生の話です。その子に携わっている塾の講師は口を揃えて言います。

「覚える能力は他の子を圧倒している。それなのに成績が芳しくない。」

覚える能力が高い、つまり記憶力は良いのですが、なぜかテストの点数が思うように取れないのです。平均点を下回ることもよくあります。

しばらくその子を授業で見ていて、その原因をいくつか発見しました。

1つ目の問題としては、「短期記憶は鋭いが、長期記憶に至っていない」と言うことです。「塾と学校との壁」でも触れましたが、記憶には短期記憶と長期記憶というものがあります。基本的に勉強をしていて「覚えた!」と言うのは短期記憶と考えて良いと思います。

「この間覚えたのに・・・あれ?なんだっけ?」と言った経験があると思いますが、しっかりと身に付ききれていないのです。何度も反復を繰り返すことで、長期記憶に移行します。すると忘れにくくなります。

この子の場合、短期記憶の能力が高く、すぐに授業の内容を理解することが出来ました。そしてその子自身も「もう覚えた。大丈夫。」と思っていました。しかししばらく時間を空けると忘れてしまい、テストで点数を取ることが出来ないでいました。

この解決法は簡単ですね。反復練習をすれば良いだけです。そして、その子自身にも、何度か繰り返さなければいけないと伝え、徹底させればよいのです。

ただし2つ目の問題が、大きな障害となりました。

塾に来ているときにはしっかりと勉強をします。しかし、家や学校では勉強をしないのです。そのため、反復練習をする時がないのです。

『なぜ塾以外では勉強しないのか?』

単に面倒だからかと思っていたのですが、実は原因はそれ以外にありました。

ある日、もしかしてと思い聞いてみました。

「もしかして学校の英語の先生、嫌いなんじゃない?」

特に英語が苦手だったので、物凄くストレートで失礼な質問かもしれませんが、直球で聞いてみました。すると、

「英語の先生、気持ち悪いんだよね。大嫌い。」

とこれまた直球で帰ってきました。これが全ての答えだと分かりました。

教育者は嫌われてはいけない

人間好き嫌いと言うのはあると思います。それは仕方のないことです。しかし、「嫌い」になることはそんなに多くあるわけではありません。

その子にとって英語の先生は「嫌いな存在」になってしまっているのです。嫌いなため、授業を聞きませんし、宿題もしません。なので記憶力が良かったとしても記憶が定着することはありません。

先生は嫌われてはいけないのです。そして「嫌われないようにすることは可能」なのです。

その子が先生を嫌いな理由は単純でした。独り言を言っていることがあるということなのです。確かに独り言をブツブツ言われたら、大人からしても良くは思いませんよね。子どもは感受性が豊かです。「こういった人もいるんだなぁ」なんて、心を広く出来るものではありません。

嫌われないようにするためには

別に好かれる必要はありません。嫌われなければよいのです。勿論好かれた方が良いのですが・・・。

では「嫌われないようにするにはどうしたらよいのか?」ですが、2つの方法があると思います。

1つは、「子どもに嫌がられるようなことをしない」と言うことです。当たり前だと思われると思いますが、これが重要です。例えば独り言。確かに嫌ですよね。髪型がボサボサ。特に女の子からすると嫌がられるかもしれません。その他、服装、口臭、体臭、態度・・・。いくらでも挙げられます。それを1つずつ潰していけばよいのです。

その際、自分ではなかなか気づきにくいかもしれないので、周りの人に指摘してもらうと良いでしょう。その際に悩みを正直に言った方が良いです。

もう1つは、「嫌いを凌駕するような好きなポイントを作る」と言うことです。例えば、子どもが好きそうなテレビやアニメに詳しくなるとか、授業中にたまにくだらない笑いを入れたりすることです。

子どもが先生を嫌いになる理由は非常に些細なことです。しかしそれがその子どもの成績にまで影響するのも確かです。勉強ができないで困るのは子どもではありますが、ちょっとした先生の努力で授業の雰囲気も変わりますし、子どもの成績も向上します。



 

全国の通信大学

所在地大学名
北海道北海道情報大学
群馬県東京福祉大学
埼玉県人間総合科学大学
千葉県聖徳大学 / 帝京平成大学 / 放送大学
東京都明星大学 / 日本大学 / 玉川大学 / 創価大学 / 東洋大学 / 法政大学 / 慶応義塾大学 / 日本女子大学 / 自由が丘産能短期大学/ 東京未来大学 (オススメ) / 武蔵野大学 / 武蔵野美術大学
神奈川県星槎大学
愛知県愛知産業大学 / 愛知産業大学短期大学 / 日本福祉大学
大阪府大阪芸術大学
京都府佛教大学 / 佛教大学大学院 / 京都造形芸術大学
兵庫県神戸親和女子大学 / 姫路大学
岡山県吉備国際大学
宮崎県九州保健福祉大学
※所在地は本部を置いている場所です。

記事のタイトルとURLをコピーする


このページの先頭へ