おススメ通信大学ランキング 人気の高い通信大学はこれ!

このサイトでは数多くの通信大学を紹介しています。

数が多いことで、「自分に適した通信大学がどこなのか分からない」と思う人も多いかと思います。私がそうでした。

私の場合は、「小学校の教員免許が取れ、なるべく学費の安いところ」を選ぶようにしました。しかし人によって条件が異なってくるかと思います。

そのようなこともあり、ここでは通信大学を項目別でランキング形式にして紹介したいと思います。

「総合」 人気通信大学ランキング

人気順大学名
No.1佛教大学
No.2明星大学
No.3星槎大学
No.4東京福祉大学
No.5日本大学

まず単純に良くアクセスのある通信大学を紹介します。

知名度や生徒の在籍数の多さ、取り扱っている免許や資格の多さからして、「佛教大学」と「明星大学」は常に上位に来ています。

安定した人気の高さ 「佛教大学」と「明星大学」

安定して人気の高い通信大学は、佛教大学明星大学になります。

この2つの通信大学は、このサイトを運営し始めてからずっと高い人気を誇っています。取得できる免許や資格が多いという理由もあるかとは思いますが、日本の通信大学の中でも特に長い歴史を持っており、知名度が高く実績がある点が人気の秘密といえるでしょう。

在籍生徒数が多いため、学費が他の通信大学に比べ安く設定されているのも人気の理由です。

「学費別」 人気通信大学ランキング

学費は取得する免許や資格、さらには最終学歴によって変わってきます

そのため、人によって金額が異なってくるため、一概にどの通信大学の学費が安いとは言い切れませんが、ここでは一例として「小学校教員免許を取得するときに必要となる学費」をランキングにしました。

免許取得までに必要な学費大学名
約35万円明星大学
約40万円玉川大学
約40万円創価大学
約51万円佛教大学
約52万円聖徳大学

明星大学の場合、4年制大学を卒業した人が小学校の教員免許を取るまでに必要となる学費の総額が約35万円と、他の通信大学に比べダントツに安く設定されています。

総額でいくらかかるのか?が問題

学費で気を付けたいことは「目的の免許や資格が取れるまでにかかる総額がいくらなのか?」ということです。

通信大学の場合、学費の中にはさまざまな項目が含まれています。一般的に多くの通信大学で設定されているのは以下の通りです。

  • 入学金
  • 選考料
  • 編入料
  • 検定料
  • 課程履修費
  • スクーリング費
  • テキスト代金

まずこれらの費用は、通信大学によって金額が異なります。またこれら以外にも費用が掛かってくることもあります。

こういったものをすべて含めて、「結局免許や資格までにいくら必要なのか」というのが大事だと思います。

学費が安いのは大規模な通信大学

免許や資格を取るまでにかかる総額で安いのは、やはり人気のある「佛教大学」や「明星大学」でしょう。

「知名度が高く学生数が多い」というのが大きな理由だと思います。

そのため、「どの通信大学を選んでよいのか分からない・・・」という人は、候補の1つとしてこの2つの大学のどちらかを入れておいても良いと思います。

※ちなみに私は明星大学を選び、小学校教員免許を取得しました。

「取得できる教員免許の数別」 人気通信大学ランキング

次に取得できる教員免許の数が多い順に並べてみました。

  1. 佛教大学 19
  2. 明星大学 18
  3. 聖徳大学 12
  4. 東京福祉大学 11
  5. 日本大学 8

取得できる教員免許の数でいうと、やはり「佛教大学」と「明星大学」が他の通信大学よりも圧倒的に数が多いです。

「取得できる資格の数別」 人気通信大学ランキング

さらに取得できる資格の数が多い順に並べてみました。

  1. 聖徳大学 12
  2. 東京福祉大学 12
  3. 佛教大学 11
  4. 中部学院大学 8
  5. 京都造形芸術大学 7
  6. 愛知産業大学 7

ここで1位の「聖徳大学」は、数多くの資格が取れる一方、教員免許でもランクインしています。実は私が教員免許を取る際に、明星大学か聖徳大学で悩みました。

最終的には学費が安かった明星大学を選んだわけですが、聖徳大学も他の大学に比べれば学費は安く設定されている方だと思います。

小学校の教員免許が取れる通信大学が人気

ランキングに入っている通信大学の多くは小学校の教員免許が取れる大学でした。それだけ小学校の教員免許の需要が高いということでしょう。

小学校の教員免許が人気の理由は以下の4つが挙げられます。

  1. 土曜日・日曜日は基本的に休み
  2. 放課後、部活動の顧問をすることがない
  3. 教員採用試験の倍率が中学や高校に比べて低い
  4. 地方公務員のため収入が安定している

確かにどれも長く仕事をする上では魅力的だと思います。

小学校のみならず教員免許の需要は近年非常に高いです。色々大変なこともありますが、校務員は何といっても安定しており非常に魅力的です。

数多く公務員の仕事はあるわけですが、その多くは年齢制限があり、なりたいと思ってもなれないことが多いのです。

ところが教員の場合は、各都道府県の教育委員会の決まりによっても異なりますが、年齢制限がないことが多いのです。そのため、40代から通信大学で勉強を始め、教員を目指す人も少なくありません。当サイトの複数のユーザーさんが30代や40代で、通信大学に通い実際に教員になりました。

小学校の教員免許が人気な4つの理由

もう少し詳しく、小学校教員が人気の理由を紹介したいと思います。

土曜日・日曜日は基本的に休み 定時に帰ることができる

小学校の場合、部活動がないため土曜日や日曜日は基本的には出勤することがありません。夏休みや冬休みも、やはり部活動がないため、研修の合間を縫って長期休暇を取得することが可能です。

また学校によっても異なりますが、定時が17時前後であり帰宅しても問題ありません。

放課後、部活動の顧問をすることがない

小学校の場合、基本的には放課後の部活はありません。そのため顧問になることもありません。授業のクラブ活動の顧問になることはありますが、それは授業での話です。1週間に1度程度です。

部活がなく顧問になることがないため、土日に出勤する必要がありません。

教員採用試験の倍率が中学や高校に比べて低い

毎年、各都道府県で行われる「教員採用試験」においても、小学校の倍率は、中学や高校の倍率に比べると低くなっています。小学校の場合は6学年まであるため、多くの人員が必要となってくるためです。

地方公務員のため収入が安定している

公立学校の教員全体で言えることですが、公務員であるため、収入が安定しています。この魅力はとても大きいです。大きな会社が突然潰れてしまうことも珍しくない現代では、安定してお給与をもらうことができる教員(公務員)は大きな魅力と言えます。

このようなことから、小学校の教員免許には人気が集まり、それに伴い、小学校の教員免許の取れる通信大学は人気となるのです。

過去の「総合」人気通信大学ランキング

ちなみに以下が、当サイトで過去によくアクセスのあった通信大学のページのランキングとなります。

2016年 最新人気通信大学ランキング

  1. 佛教大学
  2. 明星大学
  3. 星槎大学
  4. 東京福祉大学
  5. 日本大学
  6. 玉川大学
  7. 姫路大学
  8. 聖徳大学
  9. 武蔵野大学
  10. 人間科学総合大学

過去の人気通信大学ランキング(2014年版)

  1. 佛教大学
  2. 東京福祉大学
  3. 明星大学
  4. 玉川大学
  5. 聖徳大学
  6. 東京未来大学
  7. 星槎大学
  8. 近大姫路大学
  9. 創価大学
  10. 神戸親和女子大学

このころから佛教大学と明星大学は常に上位です。

※このデータはあくまでも当サイトのものであり、通信大学の優劣を示すものではありません。


記事のタイトルとURLをコピーする

このページの先頭へ