図画工作科教育Ⅰ 2単位

教科書を読む程度で理解できると思います。不安な方は教科書に指示されている文献を読むと良いでしょう。また自分の意見を入れることも大事です。

自分の意見を書くことが多くなるため、教科書は一通り読んでおき、図画工作科教育について知識を高めておく必要があります。

感想

教科書を一通り読んでおけばそこまで難しいということはありません。何か物を制作しなければいけないということではないので、取り組みやすい教科です。

過去の科目終了試験問題

  • 図画工作科における彫塑指導の意義と内容について述べよ。
  • 造形的表現活動とはいかなるものか考察せよ。
  • F.チゼックの美術教育について知るところを述べよ。
  • 図画工作科の指導者に求められる教師像について考察せよ。
  • 幼児画や児童画に見られる特質を、指導者の留意点と関連させて述べよ。
  • 明治期より図画工作科の変遷について述べよ。
  • 山本県の「自由画教育」について知るところを述べよ。

※ 私はスクーリングで受講しました。総合演習がスクーリング必修だったので、ついでに受講したのです。やはり、同じように考えている人は多く教室はいっぱいでした。


【前の記事】 «
【次の記事】  »

 

全国の通信大学

所在地大学名
北海道北海道情報大学
群馬県東京福祉大学
埼玉県人間総合科学大学
千葉県聖徳大学 / 帝京平成大学 / 放送大学
東京都明星大学 / 日本大学 / 玉川大学 / 創価大学 / 東洋大学 / 法政大学 / 慶応義塾大学 / 日本女子大学 / 自由が丘産能短期大学/ 東京未来大学 (オススメ) / 武蔵野大学 / 武蔵野美術大学
神奈川県星槎大学
愛知県愛知産業大学 / 愛知産業大学短期大学 / 日本福祉大学
大阪府大阪芸術大学
京都府佛教大学 / 佛教大学大学院 / 京都造形芸術大学
兵庫県神戸親和女子大学 / 姫路大学
岡山県吉備国際大学
宮崎県九州保健福祉大学
※所在地は本部を置いている場所です。

記事のタイトルとURLをコピーする

このページの先頭へ