学級編制・編成

児童生徒に対して学習および生活の環境を整えるために、一定の規準に従ってグルーピングし、学級に編制することをさす。その原理として、子どもの個性化、社会化、安定化があげられる。  

学級編制は、同一学年の児童・生徒による単式編制で、しかも男女の区別なく編制することとされる。ただし、特別の事情がある場合には、数学年の児童生徒をひと学級に編制する複式学級が認められている。すなわち、その形態として、学年を基準にみると、単級学級(全学年をひと学級に編成)、単式学級(同学年の子どもで編成)、複式学級(複数学年の子どもで編成)などがみられる。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ