課題別研修

特別のテーマや課題を内容とした研修を「課題別研修」とよぶ。具体的には、教科指導、教育課程以外にも、カウンセリング、人権教育、国際理解教育、ボランティア教育、情報教育など多様なものがあり、特に、今日的な課題に対応した研修が増えている。

教育委員会や教育(研修)センターなどで提供される課題別研修は、一般的に、各教師の希望に基づいて受講できることになっている。そのため、今日的なニーズの高い研修、例えば、情報教育研修やカウンセリング研修などに希望が集中する傾向がある。  

各教師の問題意識や主体性に基づくこのような研修は、極めて大きな効果が期待できるものであり、それだけに、研修を実施する側には、研修の内容・方法・形態においてさらなる工夫が求められている。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ