連絡網

連絡網とは、担任教師が受け持ちの生徒に対し、下校後に連絡をとりたいときに使用する。

学校で全て用事を伝えている教師にとっては、使わないものである。しかし、急に何か持ち物が必要になったときや、子どもの下校前に連絡をし忘れたときには使うこともある。

あまり、連絡網を好きでない家庭もあるので、連絡網をまわす際にはかなり慎重にならざるを得ない。

最近の家庭同士は、疎遠になりやすい。そのため、わざと連絡網をまわすといったパターンもある。連絡網をまわすことにより、子どもの親同士のつながりを強くしようとするのが目的だ。しかし、中には、次の家庭に連絡しない家庭や、連絡網自体を紛失している親もいるので、注意が必要だ。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ