講師の体験 教員免許を持っていれば講師として働くことも

講師の体験 教員免許を持っていれば講師として働くことも 小学校で講師体験 講師になったからこそわかる学校の内部事情

採用試験に合格になくても教員免許を持っていれば、学校の教壇に立つことはできます。つまり講師登録です。

これは、産休、育休、病気等、突然何かしらの都合で、学校の先生が休む場合、各市町村に登録されている教員免許を持っている人が代理として先生になることを言います。

県で採用されるのか、それとも市町村で採用されるかにもよりますが、基本的には正規採用の先生とほぼ同じ条件で仕事に就けます。

そのほとんどは期限付きであり、数ヶ月から年単位までと様々ですが、期限が過ぎたとしても次々に話は来るそうです。

ですから、採用試験が難関なためずっと講師として働いている方もいるそうです。

ここでは、講師をされている方の話を掲載していきたいと思います。ただし、ここで掲載している内容は、その個人の話であり、また特別なものです。だからこそページとして作成しました。必ずしもどこでも同じということはありませんのでそこを考慮して見てください。

タイトルとURLをコピーしました
教員免許が取得可能な通信大学一覧 教員免許が取得可能な通信大学一覧