係活動

豊かな学級生活の実現をめざし、学級内における仕事を自発的・自治的に分担し処理する、児童生徒によってなされる創意ある活動をさす。係活動の種類や内容は、各学級における実情によって異なる。

係の設置にあたって、

(1)児童生徒の発想や創意が生かされること

(2)児童生徒の必要感に根ざしたものであること

(3)学級内での自発的・自治的な活動としてなされること

などに留意する必要がある。  

係活動が、学級担任の管理的・補助的な活動にならないように、また、当番活動と同一に扱われないよう、その本来の教育的意味をしっかりおさえることが大切である。すなわち、係活動のめざすところが、学級内の仕事を分担処理する活動を子ども達自身が進んで行うことを通して、学級集団の一員としての自覚を高め、自主的な生活態度と豊かな創造性を身につけることにあることをおさえておきたいものである。学級における係活動が子ども達の創意と活力を基盤にしたものであることが大切である。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ