小学校で講師体験 講師になったからこそわかる学校の内部事情

小学校で講師体験 講師になったからこそわかる学校の内部事情 小学校で講師体験 講師になったからこそわかる学校の内部事情

教員採用試験に合格していなくても、学校の教員の職に就くことはできます。

それが「講師」です。

教員免許を持っている方は、各市町村の教育委員会に登録をすることで、市町村内の学校に、産休・育休・病欠など、何らかの理由で休みを取る先生の代理として、教壇に立つことができるようになるのです。

仕事の内容は採用試験に合格した教員とほとんど同じであり、担任を持つことも普通にあります。

ただし色々な面で正規教諭の方が優遇されます。たとえば講師は昇給がありますが、ある一定のところで昇給がストップしてしまいます。

基本的には更新性 希望を出せば更新される

講師は契約期間が決まっています。契約内容にもよるのですが、多くの場合は1年契約となります。その先も続ける場合には、また1年更新という形になります。

更新性ではありますが、滅多なことがない限りは契約は続きます。ただし勤務する学校が変更になることはよくある話です。

契約更新されないケース

頻繁にトラブルを起こす講師は契約更新がされないという話を聞いたことがあります。

大抵の場合、多少のトラブル程度であれば目をつむってくれたり、学校の異動で解決されることが多いようです。しかしあまりにも目に余る行為を行なった場合、いくら学校が人手不足と言えども、講師契約の延長は行わないとのことです。

※このようなケースを実際には見たことがありません。そのためあくまでも聞いた話です。

講師にもいくつかある

講師には「常勤講師」「非常勤講師」があります。

常勤講師はフルタイムで働きます。一方非常勤講師は、担当する授業があるときのみ出勤します。場合によっては数校掛け持つこともあります。理科の非常勤講師の先生は何度か見かけたことはあります。

常勤講師であれば普通に生活はできる

多くの講師を見てきましたが、常勤講師であれば最低限の生活をすることは可能です。ある程度のところまでですが昇給もします。年齢や経験にもよりますが月額25万円前後はもらうことは可能ですし、賞与も支給されます。

そのため講師でも結婚している先生は何人もいました。

ただし講師の場合、ある程度は昇給はするのですが、頭打ちになってしまうとのことです。また重要な役職に就くことはできません。

講師経験が採用試験にプラスに働くことも

多くの講師は教員採用試験合格に向けて勉強をしています。ただし実際のところ、日々の業務に追われ、なかなか勉強の時間を確保することが難しいのが現状です。

そのため、講師経験を採用試験でプラスに考慮するという働きがあるとのことです。

ところが気を付けなければならないこともあります。もし講師の時に余計なトラブルを起こしてしまっていると、採用試験で逆にマイナスとなってしまうとのことです。

これは学校のトップクラスの先生複数人から聞いた話ですが、ブラックリストと言われるものがあるらしく、そこに登録されている講師は採用試験ではじかれてしまうとのことです。

このようなこともあり、講師経験は教諭になるためには非常に重要な経験となり、採用試験においても有利に働くのですが、一歩間違えるとマイナスとなってしまうこともあるようです。

小学校で講師体験 講師になったからこそわかる学校の内部事情

通信大学で教員免許を取得した講師の弱点 採用試験・教育現場の知識がまったくない

通信大学で教員免許を取り講師として学校に勤務する場合、分からないことが多く、戸惑ってしまうことでしょう。しかし、分からないことは何度でもしぶとく先輩に聞いた方が良いでしょう。
小学校で講師体験 講師になったからこそわかる学校の内部事情

先輩教師の協力(Mさん編) 先輩の存在が不安な講師生活を助けてくれた

元々学校とは別の仕事をしていたMさんですが、教員免許を利用して小学校の講師として働くことに。何もわからなく不安の中、先輩の先生の協力で助けられたとのことです。
小学校で講師体験 講師になったからこそわかる学校の内部事情

講師の存在を無視する教諭(Iさん編)

Iさんは過去に学校で講師をしているとき、つらい体験をされたということです。ただ学校が変わったら全然良い環境で働けたとのことです。学校や一緒に働く人たちによって講師生活は大きく左右されるとのことです。
小学校で講師体験 講師になったからこそわかる学校の内部事情

教諭と講師の格差(Aさん編)

教諭と講師には目に見えない格差があります。しかしその格差を感じさせない学校もあれば、強く感じる学校もあります。これは周りの先生たちの性格による影響が大きいでしょう。あまり気にしないことが重要です。
小学校で講師体験 講師になったからこそわかる学校の内部事情

先輩教師の厳しい目(Hさん編)

Hさんは講師として学校で働いていた時に、とてもクセの強い先輩教師と働くことになったそうです。実際教育現場にはクセの強い先生はいます。どのように対応していくかがカギとなります。
小学校で講師体験 講師になったからこそわかる学校の内部事情

私の学校で働く上での最低条件 (Tさん編)

Tさんが学校で働くために講師登録に行った時の話を聞かせてもらいました。講師の給与は20万円は超え、任期が決まっていたとのことです。講師の給与も限界がありますが昇給していくのが学校の良いところです。
小学校で講師体験 講師になったからこそわかる学校の内部事情

講師の体験 教員免許を持っていれば講師として働くことも

教員免許を持っていれば講師として学校で働くことも可能です。講師として働いている中で様々な経験をされた人たちの声を紹介します。
小学校で講師体験 講師になったからこそわかる学校の内部事情

講師の評判と採用試験 講師経験が採用試験のプラスにもマイナスにも

学校での講師経験は採用試験に影響すると言われています。普通に講師として働いているのであればプラスとして働くことでしょう。しかし度重なる問題を起こしているとなるとマイナスとして働いてしまうこともあるようです。
小学校で講師体験 講師になったからこそわかる学校の内部事情

常勤講師と非常勤講師との違い

学校では正規教諭と講師が先生として働いています。講師にも常勤講師と非常勤講師があります。常勤講師はフルタイムで働き、非常勤講師は担当授業がある時だけ働くといった感じです。
小学校で講師体験 講師になったからこそわかる学校の内部事情

学校の講師とは欠員補充で働く臨時教員のこと

「講師」とは欠員補充の教員のことです。教員免許さえあれば教育委員会に講師登録することで学校で働くことができる可能性があります。
小学校で講師体験 講師になったからこそわかる学校の内部事情

学校の講師の夏休み 講師の休暇は少ない

夏休み中、学校の講師は特に何もすることはありません。ただし、講師には休暇がそれほどないため、やることがなかったとしても出勤しなければならないのです。
小学校で講師体験 講師になったからこそわかる学校の内部事情

字が丁寧で得する講師体験 (Tさんの場合)

学校では楽のなら字が丁寧な方が得することが多いようです。また字を書くスピードが早いことは、仕事の時間を短縮できる意味でも得をするということです。
タイトルとURLをコピーしました
教員免許が取得可能な通信大学一覧 教員免許が取得可能な通信大学一覧