通信大学の学費は安い!学費の安いおすすめ通信大学比較

通信大学の学費 学費の安さが通信制大学の魅力
記事内には広告が含まれています。

通信大学の学費は安いです。たとえば通信大学で教員免許を取る場合、総額で40万円前後(最短2年)で取得できるケースもあります。

通信大学 一般の大学
1年間の学費 約10万円~ 約80万円~約120万円
2年間の学費 約20万円~ 約160万円~約240万円
3年間の学費 約30万円~ 約240万円~約360万円
4年間の学費 約40万円~ 約320万円~約480万円

一般的な大学であれば1年間の学費は80万円~120万円前後となります。つまり4年間通う場合には320万円~480万円は必要となってきます。

ところが通信大学の場合、その金額は一気に安くなります。

たとえば教員免許を通信大学で取得する場合、最短2年で取得できるわけですが2年間の学費は一番安くて「約40万円~」となります。

これは教員免許に限らず、大学卒業資格を得る場合であれば、1年間の学費が約10万円前後4年間の学費が約40万円前後となることもあります。

あらかじめお断りしておきますが、学費が安くても一般的な大学と通信大学とで取得できる免許や資格は同じものです。

 

通信大学の学費が安い3つの理由 授業料と施設維持費がかからない

通信大学の学費は一般的な大学と比べるとかなり安いです。

主な理由は、以下の3つがとくに影響していると推測できます。

 学費が安い3つの理由(推測)

  • 授業を受けないため授業料が安くなる
  • 大学の施設を利用しないため施設費が必要ない
  • 自分で勉強の管理をするため

授業を直接受けるわけではないため、教える講師の人件費が抑えられます。

また教室で教えてもらうわけではないため、その教室の利用料、また大学の利用料を抑えられます。

最後に、勉強の進捗管理は基本的には自分で行います。大学側が多くを管理するわけではありません。

このようなことがあるため、大きく費用を抑えることができ、結果的に学費が安くなっていると思われます。

※前提としてですが取得する免許や資格によって、学費が多少なりとも変わってきます。

では実際に比べてみましょう。

通信大学で大学卒業資格を取得する場合の学費目安

通信大学で大学卒業資格を取得する場合の学費の目安は以下となります。

通信大学 一般の大学
1年間の学費 約10万円~ 約50万円~約120万円
2年間の学費 約20万円~ 約100万円~約240万円
3年間の学費 約30万円~ 約150万円~約360万円
4年間の学費 約40万円~ 約200万円~約480万円

通信大学の学費は学校によっても異なってきます。

そして最終学歴によって何年次に入学するか決定するため、それによっても変わってきます。

それでもかなり安く設定されていることがわかります。学費の安い国立・公立大学と比べても圧倒的に安くなります。

通信大学で教員免許を取得する場合の学費目安

たとえば通信大学で教員免許を取得する際の学費の目安を紹介します。

今回は明星大学小学校教員免許を取得する場合を例とします。

明星大学は通学でも通信でも、小学校教員免許を取得することができます。そして通学方法の違いによって、以下のような学費の違いが生まれます。

通信大学 一般の大学
入学金 約5万円~ 約20万円
授業料 約15万円 約80万円
施設維持費 約30万円

※通学は教育学部の学費です。

「入学金」、「授業料」、「施設維持費」の3つの項目で分けてみました。これだけでも明らかに通信大学の方が学費が安いことがわかるかと思います。

通信大学の学費目安 7つの通信大学の学費を比較

通信大学の学費のいろいろなバージョンの目安を紹介します。

分け方としては以下のようにしてあります。

  • 4年で卒業
    1年次入学をし4年で大学卒業資格取得する場合
  • 4年で卒業+教員免許
    1年次入学をし4年で大学卒業資格を取得+教員免許(小学校)を取得する場合
  • 2年で卒業
    3年次編入をし2年で大学卒業をする場合
  • 2年で教員免許
    4年制大学を卒業しており、3年次編入をし2年で教員免許(小学校)を取得する場合

※教員免許は小学校教員免許一種に設定しています。

同じ目的でも、大学によって金額の違いがあることがわかると思います。

大学名 学費目安
東京未来大学 100万円~(4年で卒業)
110万円~(4年で卒業+教員免許)
50万円~(2年で卒業)
60万円~(2年で教員免許)
明星大学 110万円~150万円(4年で卒業+教員免許)
60万円~100万円(2年で卒業+教員免許)
43万円~(2年で教員免許)
星槎大学 100万円~(4年で卒業)
110万円~(4年で卒業+教員免許)
57万円~(2年で卒業)
78万円~(2年で教員免許)
聖徳大学 80万円(4年で卒業)
93万円~(4年で卒業+教員免許)
60万円~(2年で教員免許)
玉川大学 90万円~(4年で卒業+教員免許)
51万円(2年で卒業+教員免許)
41万円~(2年で教員免許)
創価大学 71万円~(4年で卒業)
81万円~(4年で卒業+教員免許)
44万円~(2年で教員免許)
佛教大学 84万円(4年で卒業)
52万円~(2年で教員免許)

その人の状況や取得する免許や資格により金額が変わる

今回紹介している学費の総額はあくまでも目安です。

通信大学で勉強をしようとしている人の最終学歴であったり、持っている単位数、そして目的によって学費の総額は多少前後してきます。

今回は例として「小学校教員免許状一種」を取得する場合を想定しています。

さらに学費の総額を紹介していますが、通信大学によっては細かいお金が発生することがあります。保険料であったり団体加盟金などです。

そしてスクーリングに関しては、スクーリングに参加すればするほど学費が増えていくことになります。ここでの学費には最低限参加必要なスクーリングの金額しか入れていません。

大学卒業資格が取れる学費の安い通信大学

大学卒業資格が取れる学費の安い通信大学を紹介します。

大学名 4年間の学費総額 目安
中央大学 53万円
帝京平成大学 56万円
創価大学 70万円
近畿大学 72万円
聖徳大学 80万円
佛教大学 85万円
玉川大学 90万円
東京未来大学 100万円
星槎大学 100万円

当サイトで紹介している大学卒業資格の取れる通信大学の中で、もっとも学費の安いのは「中央大学」です。

学費と在籍生徒数は比例しない

学費が安い通信大学に生徒が集まりそうに感じるかもしれませんが、そのようなことはありません。

通信大学を選ぶ際には、学費以外にもさまざまな理由で選びます。

  • 中央大学・・・4000人(53万円)
  • 帝京平成大学・・・260人(56万円)
  • 創価大学・・・5000人(70万円)
  • 東京未来大学・・・2993人(100万円)
  • 玉川大学・・・2000人(90万円)

このように学生の数と学費は比例していないのです。

つまり学費が安いから人気が高い・・・とは一概にはいえないということです。

小学校教員免許を通信大学で取得 最短2年の学費目安

4年制大学を卒業した人が、最短2年で小学校教員免許を取得する場合の学費目安を紹介します。

初年度に必要とされる学費と、教員免許を取得するまでに必要な学費のみ掲載しています。

大学名 初年度の学費 免許取得までに必要な学費
東京未来大学 約22万円 約60万円
明星大学 約17万円 約35万円
星槎大学 約40万円 約80万円
聖徳大学 約40万円 約52万円
玉川大学 約22万円 約40万円
創価大学 約30万円 約40万円
佛教大学 約21万円 約51万円

このように、同じ目的であるのにもかかわらず金額がだいぶ違うことがわかると思います。

また同じ通信大学であったとしても、取得する教員免許が異なると金額が変わってきます。

学費の違いはあるが一般の大学に比べたら相当学費は安く設定されている

通信大学によってかなり学費に違いがあることがわかるかと思います。

どれも同じ小学校の教員免許を取得する際に必要となる学費です。学費は違うのですが、どの通信大学で取得しても全く同じ免許です。優劣はありません。

最低限必要となる学費のみを紹介

今回紹介している学費は、「免許取得までにかかる一般的な学費」となります。

免許取得までは最短2年となるため、今回は2年間の学費を紹介しています。

通常、何かしらの免許や資格を取るために必要となる費用はもっと高額になりがちであるため、通信大学の学費はそれに比べるとかなり安いということが分かると思います。

ちなみに通信大学の在籍期間が長くなればなるほど、プラスで学費は必要となってきます。さらにもしスクーリングに参加する場合には別途必要となります。

通信大学の学費内訳を紹介

通信大学の学費内訳を紹介します。

結論としては、学費の総額がわかっていればよいのですが、このような項目でわかれているということをお伝えできればと思います。

通信大学別 内訳詳細

大学名 入学金 編入学金 授業料 スクーリング 教材費
東京未来大学 30000円 50000円 78000円(春学期)
78000円(秋学期)
7000円~10000円(単位) 1500円~3000円
明星大学 50000円 147000円(年) 373000円~(4年)
星槎大学 40000円 20000円~40000円 10000円(科目)
5000円(単位)
10000円(単位) 2000円~3000円
聖徳大学 30000円 55000円(前期)
55000円(後期)
玉川大学 30000円 5000円 128800円(年)~ 8500円(単位)
創価大学 27000円 95000円(年)~ 300000円(4年)
佛教大学 30000円 150000円(年)

通信大学によって内訳が異なる 金額が高くなることも

上記の表からもわかるように、通信大学によっても内訳が異なります。

少し注意してもらいたい点は、「授業料」「スクーリング料」です。

基本的に紹介しているのは、最短期間での学費となります。もし単位がうまく取れず在籍期間を延ばすことになると、余計に学費が必要となります。

通信大学によって、「在籍期間を1年延長するといくら」「在籍期間を半年延長するといくら」「単位×いくら」と設定されています。

つまりスムーズに単位を修得していけばよいのですが、レポートや科目修了試験の不合格を繰り返した場合には単位が取れないため、再び履修することになり、その結果、学費が余計にかかる可能性があるのです。

さらにスクーリングに関しても総額表示しているケースと、単位表示しているケースがあります。

そして教材費は授業料の中に含んでいるケースとそうではないケースがあります。

一生懸命勉強したほうが学費を抑えられる

つまり一生懸命勉強し、単位をスムーズに取っていくことが学費を抑えるコツとなります。

在籍期間が長くなればなるほど、学費は必要となってくることを覚えておいてください。

通信大学別 実習費詳細

通信大学で教員免許を取得する場合には、「教育実習」や「介護実習」に参加する必要があります。

それらの金額も、通信大学によって異なってきます。

大学名 教育実習費 介護等体験費
東京未来大学 15000円 20000円
明星大学 35000円~ 15000円
星槎大学 50000円
聖徳大学
玉川大学 26000円~52000円 14000円
創価大学 16000円
佛教大学

一部の通信大学では教育実習費と介護等体験費の記載を見つけることができませんでした。別途で必要になるのか、もしくは授業料の中に入っているのかは不明となります。

ただし金額的には、ここに掲載されている他の通信大学の金額と大差はないと思います。

他の教員免許を持っていて追加で教員免許を取得する場合の学費

通信大学ではすでに教員免許を持っている人が、さらに追加で新しい教員免許を取得することでも利用されています。

その場合、学費はかなり安くなります。

二種から一種 一種から専修 他の科目の免許を追加で取得

たとえば以下のようなときに学費の安い通信大学は利用されます。

  • 二種免許状を持っている人が一種免許状を取る
  • 一種免許状を持っている人が専修免許状を取る
  • すでに教員免許を持っている人が他の科目の教員免許を取る

これらの場合は、すでに教員免許を持っている(教育関連の単位を持っている)ということもあり、はじめから免許を取り直すということにはなりません。

つまり少ない単位数で新しい教員免許を取得することができるようになります。

実習費が安くなる可能性

すでに教員免許を持っている人の場合、そして介護実習の経験がある人の場合には、介護実習が必要なくなります。

そのためその分の費用が安く済みます。

教育実習に関しては、他教科の教員免許を取得することになるため必要となります。

教員免許を取るなら明星大学を候補に入れたい!とくに安かったから選んだ

明星大学は全体的に安い費用設定 とくに安かったから選んだ

免許取得までに必要な学費として比較的安いのは「明星大学」です。

小学校の教員免許のみならず、他の免許や資格においても学費が安く設定されているのが魅力です。

だからこそ私は明星大学を選び教員免許を取得しました。お金がなくアルバイト生活をしていた当時でも、自分で学費を支払うことができました。

他には「玉川大学」、「創価大学」あたりも比較的学費は低いです。

学費の内訳

学費の内訳を紹介していきます。

ただし内訳はあまり気にする必要はありません。もし通信大学を選ぶ際に学費が主なポイントであるならば気にするのは「学費の総額」であるためです。

選考料

選考料というのは、通信大学に書類を送り大学に書類選考をしてもらう費用です。

大抵の場合が1万円前後です。選考料であるため入学してもしなくても返金はされません。

入学金

入学をする際に支払う料金です。20000円~50000円前後。

編入料

2年生や3年生から入学することを編入学といいます。入学金と意味合いは同じです。

10000円~20000円前後です。

授業料

各大学により異なります。基本的に1単位〇〇円といった計算方法となります。1単位5000円~と考えておくと良いでしょう。

授業料の中に教科書代や単位取得のための試験料が入っている大学もあれば、そうではない大学もあります。

スクーリング

スクーリングとは直接授業を受けることです。授業料は通常の授業料よりも若干高めに設定されています。取得する免許や資格にもよりますが、必ず受講しなければならないものではありません。

必修となっているケースもあります。

参照 スクーリングについて

 

初年度に必要な学費

通信制大学に入学や編入学する段階で、入学金や選考料、教科書代金などが必要となるため、1年目が一番お金が必要となります。

そのため2年目以降の方が学費は安くなります。

安い通信大学では初年度は約12万円ほど、高い大学でも約40万円ほどとなっています。

通信大学の学費を安く抑える方法

通信大学の学費を可能な限り安く抑える方法を紹介します。

方法はいたってシンプルです。

  • レポートをどんどん作成する
  • レポートや試験を一発で合格する
  • 必修以外のスクーリングには参加しない
  • 最低年限で単位をすべて修得する

つまり一生懸命勉強することが学費を安上がりにする一番の方法なのです。

自分の力で解決すればするほど学費は安くなる

通信大学の場合、レポートも試験も合格しなければ単位を修得することができません。単位を修得できなければ目的の免許や資格を得ることはできません。

それはつまり通信大学の在籍期間が伸びてしまうことになります。在籍期間が延びるということは余計に学費が必要となります。

またスクーリングは別途学費が必要となります。必修のスクーリングでない限り参加しなくてもレポートや試験で合格すれば単位は取れます。

そのため自分自身の努力次第で学費を安くすることは可能なのです。

学費が安い明星大学を選んだ結果 2年半で小学校教員免許取得

学費が安い明星大学を選んだ結果 2年半で小学校教員免許取得

私の場合は、明星大学で小学校教員免許を取得したわけですが、明星大学を選んだ大きな理由の1つが学費が安いことでした。

しかし学費が安いからと言って質が低かったかというと、そのようなことはないと思います。

他の通信大学に通ったわけではないため比べようがありませんが、レポートや試験の難易度は適切なものだったと思いますし、結果として2年半で免許を取得することができました。さらにその免許を使って小学校で働くこともできました。

どの通信大学でもよいと思う

私の憶測に過ぎませんが、学費の差があったとしてもどこの通信大学で勉強しても同じだと思います。

ちなみに教育現場で働くことにおいて、どのような方法で教員免許を取得したのかは全く関係ありません。

通信大学で免許を取ったことに対して差別を受けることもありません。免許は免許です。4年制大学で取得したとしても、通信制の大学で取得したとしても同じ免許なのです。

私の知り合いでは通信大学で教員免許を取得し、学年主任を務めた先生もいます。免許は教員になる為のただの条件に過ぎません問題は教壇に立ってから何をするのかだと思います。

他の教員免許や資格を取る上でも通信大学は安い

今回は小学校教員免許にスポットを当てて紹介しましたが、そのほかの教員免許や資格を取る場合においても、一般の大学に比べると費用が安く抑えられています。

シュミレーターがわかりやすい

聖徳大学では学費をシュミレーションすることができます。

「取得したい免許・資格」「自分の状況」などを選択することで、おおよその学費を算出してくれます。

参照 聖徳大学通信教育部 シミュレーター(外部サイト)

 

通信大学の学費 リンク集

 

よくある質問

通信大学の学費はいくらですか?

取得する免許や資格にもよります。たとえば小学校教員免許であれば約40万円(最短2年)で取得することができます。1年あたり20万円となります。
一般的な大学の学費が約80万円(1年)~であるため、少なくても4分の1ほどの学費となります。

どの通信大学でも学費は同じですか?

通信大学により、同じ免許、同じ資格を取るにしても、学費は異なります。通信大学で取得できる教員免許については通信大学で取得できる教員免許を参照ください。

なぜ通信大学は学費が安いのですか?

通信大学での勉強は自宅学習が基本です。授業を受けるわけでもなく、大学の施設を使用するわけでもありません。このことから授業料や施設維持費が抑えられるため、学費が安くなっています。


タイトルとURLをコピーしました