通信大学のスクーリング体験談 直接授業を受けられスクーリングはメリットが沢山

通信大学のスクーリング体験談 直接授業を受けられスクーリングはメリットが沢山 通信大学のスクーリング体験談

ここでは、当サイト管理人が通信大学のスクーリングに参加した際の体験談をベースにお話ししていきます。

まず通信大学で学ぶということは、基本的には自宅で自分一人で学習するスタイルとなります。そのため自分との戦いになってくるわけですが、定期的に通信大学ではスクーリングを開催しています。

スクーリングとは通常の学校のように、先生がいて生徒が複数いるという「一斉授業を行うスタイル」となります。

先生から直接授業を受けることができるため、自宅で自分一人で勉強するよりも断然理解度が違います。また同じ目的の人が同じ場所に集まるため情報交換をすることができます。

私は小学校の教員免許を取得するために勉強をしていましたが、いくつかの科目でどうしても理解することができないポイントがありました。結果何度かレポートでも試験でも不合格を続けていました。

しかしスクーリングに参加したことで、驚くほど簡単に理解をすることができ、その科目を合格することができました。

参照 当サイトの管理人が実際に小学校教員免許を取得

 

このカテゴリーの記事一覧

教員免許はスクーリング参加で取りやすくなる 苦手な科目は直接授業で克服
単位が修得しやすいスクーリング レポートや試験に悩んだら参加してみては
通信大学のスクーリング スクーリングが始まるまでにやっておきたいこと
スクーリング後のレポート提出期限には気を付けよう 遅れると合格が無効に
通信大学の教職実践演習(総合演習) グループに分かれ模擬授業やロールプレイング
ネットだけで卒業できる11の大学 通信大学なら大学に行かずに大学卒業資格が取得できる
スクーリングは近いほうが楽!?通信大学のスクーリングは近い方が何かと便利

通信大学のデメリットを補うことができるスクーリング

通信大学のデメリットを補うことができるスクーリング

私は通信大学で勉強しているときに、スクーリングに2度参加しました。

1回目はスクーリングでなければ取れない単位があったため参加しました。2回目はどうしても合格できない科目があったため参加しました。

結果として言えることは1回目も2回目も参加してよかったです。

スクーリングに参加するため、数日間、通信大学のそばに宿泊することになりました。宿泊費もかかりますし、交通費もかかりました。またスクーリング費用も掛かりました。それでも参加してよかったと思います。

スクーリングは通信大学での学習におけるデメリットを補う

スクーリングは、通信大学で勉強する上で感じるデメリットを補ってくれるものだと思います。

通信大学での学習にはメリットとデメリットがあります。

通信大学 4つのメリット

  • 好きな時に好きな場所で勉強できる
  • 自分のペースで勉強できる
  • 学費が普通の大学よりも安い
  • 働きながらでも勉強できる

まずメリットとしては、「好きな時に好きな場所で自分のペースで勉強ができますし、学費も安くさらには働きながら勉強できる」ということが挙げられます。

半面デメリットも存在します。

通信大学 3つのデメリット

  • すぐに質問することができない
  • 質問しても回答までに時間がかかる
  • モチベーションの維持が難しい

デメリットとしては、「一人で勉強しているため、何か分からなかったとき、すぐに質問することができません。正確にいうと質問することはできるのですが、返事が返ってくるまで時間がかかってしまいます。また一人で勉強しているため、モチベーションを保つのが難しい」ということが挙げられます。

これら3つのデメリットは、勉強を行なう上で大きな弱点となり得るところです。

しかしスクーリングに参加することで、それらのデメリットを解消することができました。

スクーリングの授業はとても理解しやすい

スクーリングは直接先生から授業を受けることになります。学校の授業を想像してくれれば良いと思います。そしてその科目の重要となるポイントを教えてくれます。実際に参加してみて、「あ、そういうことだったんだ」ということが何度もありました。

また分からないことをすぐに答えてもらうことができます。分からないことをすぐに解決することで、自分の中の考えがまとまりやすく理解を深められるとともに、次に進むことができます。

単位が修得しやすいスクーリング レポートや試験に悩んだら参加してみては
通信大学で単位取得が難しい教科はスクーリングに参加してみるとよいでしょう。直接授業を受けることになるため理解度が全然違います。最終日に試験は授業の内容が出るため今までの苦労がウソのように問題を解くことができました。

さらに同じ境遇の人たちがたくさん集まってきます。そこで情報交換することができますし、何よりも仲間がいるということでモチベーションをアップすることができます。

参照 単位が取得しやすいスクーリング

 

スクーリングには金額以上の価値があると感じた

料金以上のメリットがある

スクーリングに参加するためにはスクーリング費用が必要となります。

私が通った明星大学の場合、1教科で10,000円前後必要になりました。決して安くはありません。

1教科の授業時間や回数はバラバラですが、1日で数時間連続でおこなうこともありますし、1日1時間、それを数日にかけておこなうこともあります。

またスクーリングに行くまでの交通費、そして場合によっては宿泊費が必要となることもあります。

スクーリングは近いほうが楽!?「私がスクーリングで必要とした費用」で私が実際にかかった費用の概算をお話ししていますが、3教科スクーリングの授業に参加し総額約7万円ほどかかりました。(この中には旅費、宿泊費、食費が含まれています。)

かなり大きな金額となってしましましたが、それまでに悩みレポートにも試験にも合格できなかった科目の理解を深めることができ、そして結果的に単位も取れたため料金以上のメリットがあったと思っています。

悩んでいたことがすぐに解決できた

スクーリングに参加することで何よりも良かったと思うことは、悩んでいたことがすぐに解決できたことです。

先ほどもお話ししましたが、私の場合、何度提出しても合格しなかった科目や、何度試験を受けても合格しなかった科目がありました。

覚えている範囲では「音楽」です。実はピアノを数年間習ってきた経験があり、それなりに弾くことができます。

しかしレポートや試験内容は「短調や長調について」であり、さっぱり分からなかったのです。

スクーリングで直接授業を受けたことにより内容をしっかり理解することができ、その結果、レポートも試験も思ったよりも簡単に合格することができました。

単位が修得しやすいスクーリング レポートや試験に悩んだら参加してみては
通信大学で単位取得が難しい教科はスクーリングに参加してみるとよいでしょう。直接授業を受けることになるため理解度が全然違います。最終日に試験は授業の内容が出るため今までの苦労がウソのように問題を解くことができました。

何度も何度も苦手な科目のレポートや試験が不合格になるくらいなら、時間を短縮しどんどん学習を先に進める上でも、スクーリングを活用するのは1つの選択肢としてアリだと思います。

またスクーリングを利用しないと、なかなか短時間での教員免許取得は難しいかもと思いました。

まとめますと、通信大学での勉強は基本的には一人で学習します。そのためわからないことをすぐに解決することができないのが最大のネックです。ところがスクーリングはその悩みをすぐに解決することができます。そのため参加できるのであれば参加した方が良いと思います。

なるべく早く免許や資格を取りたいなら参加すべき

なるべく早く免許や資格を取りたいなら参加すべき

なるべく早く免許や資格を取りたいと考えているのなら、スクーリングをうまく利用したほうがよいと思います。

最短はあくまでも最短

当サイトに時折「最短何年で通信大学で教員免許を取ることができますか?」といった内容の質問が来ることがあります。

もし最終学歴が4年制大学卒業であるなら、最短2年で教員免許を取得することができます。

通信教育で教員免許取得までの流れと期間 約2年で先生の資格は取得可能
通信大学で教員免許を取得するまでの流れと期間を紹介しています。通信大学で教員免許を取る場合には、最短で2年かかります。基本的にはレポートと試験に合格し、規定の単位数を取得することで教員免許を取得することができます。

これはあくまでも「最短」の話です。

教員免許の場合の話ですが、免許取得までの期間の目安は以下となります。

教員免許を取得までの期間

  • 既に4年制大学を卒業している方は、「約2年~」
  • 既に短期大学を卒業している方は、「約2年~」
  • 高校卒業の方は、「約4年~」

ちなみに私の場合は2年半かかりました。

今回は教員免許の話をしていますが、他の資格においても同じことがいえます。

合格しなければ単位は取れない 卒業が遅くなることも

通信大学は人によっては一般の大学よりも単位修得が難しいかもしれません。

最終学歴が高校卒業であれば、最短4年で大学卒業資格が取れます。

大学卒業資格は通信大学で取得できる!大卒資格の「学士」を最短で取る方法

大学卒業資格が欲しい人におススメする通信大学で「学士」を取る方法を紹介。

一般的な大学であれば、授業に出席さえしていれば単位が取れることもあります。ところが通信大学の場合には、レポートや試験に合格できなければ単位を取ることはできません。

それはつまり、卒業資格を取れる時期はどんどん遅くなってしまいます。

私のように、何かしらの科目で躓いてしまうケースもあることでしょう。そういった科目が多ければ多いほど、卒業までに5年、6年とかかってしまう可能性があります。

結果挫折してしまう人がいて、そのため、通信大学の卒業率は悪いということにつながってしまうのです。

それであれば、多少お金はかかったとしても、躓いてしまっている科目をスクーリングで勉強してしまった方が時間的効率はよいかと思うのです。

もし何かの科目で躓いてしまっている場合、またはなるべく早く免許や資格を取りたいと考えているのなら、スクーリングの参加はおススメです。

一人じゃないと認識できた

スクーリングに参加してみて分かったことですが、「こんなに多くの人が私と同じように通信大学で勉強していたの?」と驚いてしまいました。

明星大学は在籍学生数が多いという話は聞いていましたが、スクーリング期間、教室がいっぱいになるくらいの学生が参加していました。

ちなみに学生というのは通信大学生のことであり、そのほとんどは社会人でした。

自分だけが勉強しているわけではないということを認識することができ、勉強に対するモチベーションを上げる要因になりました。

スクーリングは、メインキャンパスが設置されている場所以外でも全国数ヵ所で開催していますので、参加しやすくなっていると思います。

社会人が通信大学を選ぶ4つの理由 働く社会人におすすめな通信大学を紹介
社会人の多くが働きながら通信大学や通信大学院を利用して、資格や免許を取得しています。 実は通信大学で社会人が勉強することは決して珍しいことではありません。 先に結論から言いますと、通信大学に在籍している社会人の数は約10万人となっています。...
働きながら通信大学に通うことはできますか?多くの社会人が働きながら勉強している
働きながら通信大学に通って勉強することはできますか? また働きながら通信大学に通っている人はどのくらいいるのでしょうか? 働きながら通信大学で勉強することは可能です。 むしろ通信大学は働きながらでも勉強したい人向けの教育機関と言ってもよいで...
社会人が教員免許を取得する1つの方法+3 働きながら学ぶ2つのコツとは
社会人が働きながら教員免許を取得する方法は4つありますが、現実問題としては1つに絞られます。 それは「通信大学」です。 好きな時間に勉強することができ、なおかつ学費も安いためです。 このほかにも方法がありますが、ハードルがかなり高くなってし...

スクーリングの出席には要注意 出席には非常に厳しい

1つ注意すべきことは出席には厳しい

スクーリングに参加する際には、出席にだけは気を付けましょう。

スクーリングは、できることなら参加したほうがよいという話をしてきました。

ただし1点だけ、注意しておいてもらいたいことがあります。それは「非常に出席には厳しい」ということです。

1度の欠席がNG 自分から学びに来ているのだから当然

基本的に欠席はNGです。1度もしてはいけません。遅刻も2回~3回程度なら大丈夫のようですが、それ以上はアウトという話を授業前に受けました。

これは私が受けた授業だけかもしれませんが、私が受けた授業全てが出席に関しては厳しかったです。

そのため、一般的な大学の感覚で授業に参加してしまうと、せっかくお金を払い遠くからきているのに、授業が受けられなくなってしまう可能性があるのです。

とはいえ、通信大学で勉強をしている人たちは、自らの意思で勉強をしています。そのため欠席や遅刻をすること自体、考えられないことかもしれません。(数人遅刻している人はいましたが、その人たちがどうなったのかは知りません。)

「お金を払います。単位をください」

というほど甘くはありません。

逆にそれで単位を与えてしまったとしたら、通信大学の価値は下がってしまうことでしょう。

スクーリングでは遅刻や欠席を絶対にしないようにしてください。通常の大学のような感覚でいると(通常の大学でもダメですが・・・)単位を落としてしまうことになります。

参照 欠席、遅刻には気を付けるべし!

 

通学不要(スクーリング不要)な通信大学もある

通信大学の中にはスクーリングに参加しなくても資格の取れるケースがあります。

通信大学の学生の中には、仕事をしながら勉強している人が多いです。そのような人たちはスクーリングのためにまとまった時間を確保することが難しかったりします。

そういった学生のために、スクーリングに参加しなくてもよい通信大学があるのです。

大学卒業資格ならスクーリング不要でもOK

通信大学で取得できる資格の中に「大学卒業資格(学士)」があります。

大学卒業資格であれば、一切スクーリングに参加することのない通信大学があります。

その一部を紹介します。

大学に行かずに資格を取る方法 通信大学なら通学せずに資格が取れる
通信制の大学の中には、自宅学習のみでOKといった「全く通学が不要」な大学があります。大学に行かずに自宅で勉強し免許や資格を取ることができます。

これらの通信大学以外にも、スクーリング不要の通信大学は以下で紹介しています。

参照 通学不要・スクーリング不要な通信大学一覧

 

まとめ

通信大学で勉強するとき、基本的にはスクーリングがセットのようなものです。

時間を確保し、さらには別途費用が必要となるスクーリングはデメリットのようにも感じます。

しかしスクーリングに参加することは、直接授業を受けるということであり、私の場合は躓いていた科目を理解することができ合格できました。

そして最近ではスクーリングに参加することなく大学卒業資格が取れる通信大学もあります。

メリットもデメリットもあるスクーリングですが、私は参加してよかったと思います。1回は参加してみてもよいのではないでしょうか。

よくある質問

通信大学のスクーリングとは何ですか?

通信大学におけるスクーリングとは、直接授業を受けることです。

スクーリングには参加しなければなりませんか?

取る教員免許や資格によります。スクーリングが必修である場合には、参加しなければなりません。最近ではインターネットで授業を受けることができるため、スクーリング参加が必須という傾向が少なくなってきました。

スクーリングにはお金が必要ですか?

スクーリングを受講する際には授業料が発生します。通信大学により料金設定は異なりますが、1教科当たり1万円前後と考えておけばよいかと思います。個人的な感想ですが、スクーリング費用をかける価値はあると思います。

 

通信大学のスクーリング体験談

スクーリングは近いほうが楽!?通信大学のスクーリングは近い方が何かと便利

通信大学では直接授業を受けるスクーリングが必要となるケースが多いです。会場までの距離が近い方が旅費の面を考えると便利です。最近ではスクーリングがない通信大学も増えています。
通信大学のスクーリング体験談

ネットだけで卒業できる11の大学 通信大学なら大学に行かずに大学卒業資格が取得できる

ネットだけで卒業することのできる大学はあります。つまり大学卒業資格である「学士」をインターネット上のみで取得することができるのです。これにより最終学歴を「大卒」にすることができます。 ここでは「ネットだけで大学卒業資格である「学士」を取得す...
通信大学のスクーリング体験談

通信大学の教職実践演習(総合演習) グループに分かれ模擬授業やロールプレイング

私が通信教育で教員免許を取得したときには、スクーリングで「総合演習」という科目が必修となっていました。 平成22年の教育職員施行規則の改正により「総合演習」は「教職実践演習」となりました。 教職実践演習に参加するためにはいくつかの条件が設け...
通信大学のスクーリング体験談

スクーリング後のレポート提出期限には気を付けよう 遅れると合格が無効に

スクーリングに合格してもレポートを提出していないと合格が取り消しになってしまいます。スクーリングで受けた授業にはレポート提出期限がありますので必ず守るようにしましょう。
通信大学のスクーリング体験談

通信大学のスクーリング スクーリングが始まるまでにやっておきたいこと

通信大学では直接授業を受けることのできるスクーリングがあります。スクーリングに申し込むまでにしておくことを紹介しています。
通信大学のスクーリング体験談

単位が修得しやすいスクーリング レポートや試験に悩んだら参加してみては

通信大学で単位取得が難しい教科はスクーリングに参加してみるとよいでしょう。直接授業を受けることになるため理解度が全然違います。最終日に試験は授業の内容が出るため今までの苦労がウソのように問題を解くことができました。
通信大学のスクーリング体験談

教員免許はスクーリング参加で取りやすくなる 苦手な科目は直接授業で克服

通信大学のスクーリングは直接教授から授業を受けることです。一人で勉強するよりもはるかに理解することができます。またスクーリングで合格した科目は試験が免除されます。