英語の教員免許が取得可能な通信大学 英語の教員免許は9つの通信大学で取得できる

英語の教員免許状 取得可能な通信大学

英語の免許状を取得できる通信大学を紹介しています。

英語の教員免許(一種)が取れる通信大学は全部で9校あります。

英語の教員免許(専修)が取れる通信大学院は数多くありますが、当サイトでは2校紹介しています。

英語の教員免許が取れる
通信大学一覧

英語の教員免許が取れる通信大学

英語の教員免許が取れる通信大学を一覧で紹介しています。

種別地域大学名
一種千葉県聖徳大学
東京都明星大学
日本大学
東京福祉大学
武蔵野大学
神奈川県星槎大学
愛知県名古屋学院大学
京都府佛教大学
岡山県環太平洋大学
二種愛知県愛知産業大学短期大学
専修愛知県名古屋学院大学
京都府佛教大学

英語の教員免許には「中学」「高校」の2つの種類があります。

まず二種の免許を取得してから、一種の免許を取得する流れとなります。ちなみに二種免許でも教員として働くことは可能です。ただし現場の教員の多くは一種を持っています。

専修免許は、すでに英語の教員免許(一種)を取得している人が対象となり、大学院で取得することになります。大学院にも通信制はあります。

結論として、普通に英語教員として働くのであれば一種免許状を取得すればよいです。

そしてどこの通信大学を選んでもよいです。取得できる免許に違いはありません。

参照 教員免許の種類は3種類 一般的な普通免許状も一種・二種・専修に分かれる

 

聖徳大学

聖徳大学
教員免許 幼稚園小学校国語英語社会書道、養護、福祉
資格 学士保育士認定心理士、心理相談員、学校心理士社会福祉士精神保健福祉士、社会福祉主事、司書博物館学芸員
学費 約20万円/年
詳細ページ

明星大学

明星大学
教員免許 幼稚園小学校国語英語数学理科社会美術など
資格 学士社会教育主事司書学校図書館司書教諭
学費 11万円
詳細ページ

日本大学

日本大学
教員免許 国語英語社会、商業、司書教諭
資格 博物館学芸員
学費 12万9,000円
詳細ページ

武蔵野大学

武蔵野大学
教員免許 小学校国語英語書道
資格 認定心理士社会福祉士、児童福祉士、児童指導員、社会福祉主事、産業カウンセラー、生理人類士
学費 17万円
詳細ページ

東京福祉大学

東京福祉大学
教員免許 幼稚園小学校英語社会保健情報特支、養護
資格 学士認定心理士
学費 22万1700円
詳細ページ

星槎大学

星槎大学
教員免許 小学校社会保健特支
資格 学士、支援教育専門士、教育カウンセラー、自閉症スペクトラムサポーター、社会福祉士、小学校外国語活動指導者など
学費 1単位5,000円
詳細ページ

佛教大学

佛教大学
教員免許 幼稚園小学校国語英語数学社会書道特支など
資格 保育士学校図書館司書教諭社会教育主事精神保健福祉士司書博物館学芸員など
学費 17万8,000円~
詳細ページ

環太平洋大学

環太平洋大学
教員免許 小学校数学英語
資格 学士学校図書館司書教諭、看護師等養成所専任教員資格
学費 10万円
詳細ページ

英語の教員免許が取れる
通信大学一覧

英語の教員免許を取得するために必要な学費 通信大学だから学費は安い

必要な学費 通信大学だから学費は安い

英語の教員免許を取得するときの学費ですが、通信大学で取得するならば一般的な大学に比べると段違いに低く設定されています。

最短2年で取得可能 通信大学の学費はかなり安い

通信大学では最短2年で教員免許を取得することができます。そして学費をかなり安く抑えることができます。

たとえば明星大学を例に挙げてみます。

最終学歴が四年制大学卒業の人であれば最短取得期間は2年、学費は約50万円ほどで英語の教員免許を取得することができます。

通信教育で教員免許取得までの流れと期間 約2年で先生の資格は取得可能
通信大学で教員免許を取得するまでの流れと期間を紹介しています。通信大学で教員免許を取る場合には、最短で2年かかります。基本的にはレポートと試験に合格し、規定の単位数を取得することで教員免許を取得することができます。
通信大学の学費は安い!学費の安いおすすめ通信大学比較
通信大学の学費は安いです。たとえば通信大学で教員免許を取る場合、総額で40万円前後(最短2年)で取得できるケースもあります。 通信大学 一般の大学 1年間の学費 約10万円~ 約80万円~約120万円 2年間の学費 約20万円~ 約160万...

ちなみに私の場合ですが、明星大学の通信で小学校の教員免許を取得しましたが、期間は2年半で学費の総額は約50万円ほどでした。

通信大学によって学費が異なる

通信大学によって、同じ英語の教員免許を取得するにしても学費が異なります。

通信大学に違いはあるのか?取得できる教員免許は同じだが学費は違う
高校国語1種教員免許を取得しようと考えています。 住まいが大阪なので、佛教大学の資料を取り寄せました。しかし、後に調べてみたら学費が安い通信大学が他にもありました。何か理由があるのでしょうか? 通信大学によって、同じ教員免許を取得するにして...

通信大学を選ぶ基準は人それぞれだとは思いますが、もし学費の優先度が高いということであれば、から資料を取り寄せ比較してみたほうがよいでしょう。

 

英語の教員免許が取れる
通信大学一覧

どの通信大学を選んでも同じ英語の免許

どの通信大学を選んでも同じ英語の免許

どの通信大学を選んでも、取得できる英語教員免許は同じものです。

つまり「〇〇大学で免許を取得したからすごい!」ということはありません。なぜなら通信大学に入試がなく、入試がないということは偏差値というものがないためです。

もう少し詳しくお話しします。

得られる教員免許は同じもの

通信大学でも一般の大学でも、英語の教員免許を取得するためには「英語の教員免許を取得するために必要な単位を取る」ことになります。

それらの単位がすべてそろったら教育委員会に申請をします。すると教育委員会から教員免許状が授与されるといった流れとなります。

どこの大学で単位を取ったとしても、得られる教員免許は同じです。そのため例えばどこどこ大学で取得したから教員採用試験に合格しやすい・・・といったことはありません。

通信大学を選ぶ基準は人それぞれ

通信大学を選ぶ基準は人それぞれです。結果的に取得できる免許は同じものであるため、どこで取得したほうがよいということはありません。

ちなみに私は「学費」で選びました。

メインキャンパスが近いとか、メディア授業が整っているや、評判がよいなどの理由で選んでもよいかもしれません。

英語の教員免許がとりやすい通信大学の噂は本当か!?インターネットの情報には注意

英語の教員免許がとりやすい通信大学を紹介しているホームページがありますが、インターネットの情報は鵜呑みにしない方がよいと思います。

たとえば以下のような情報を見つけることができました。

  • 〇〇大学だと単位が取りやすい
  • 〇〇大学は難しい

このような口コミを見たことがある人もいると思います。

しかしこれはおかしなことなのです。

なぜなら「英語の教員免許を取る際に、複数の通信大学に通う人はいないため」です。

「英語の教員免許を取ろうと思ってあっちの通信大学へ行った。でも難しかったからやめて、そっちの通信大学に入り直した。」

こんな人、普通いません。複数の通信大学に通ったことがなければ比較しようがありません。つまりこれらの口コミは想像で書いている可能性があるのです。

100歩譲って実際に複数の通信大学に通って英語の教員免許を取った人の口コミだったとしましょう。そうだとしても通信大学の単位が取りやすいとか、内容が難しいとかの感じ方は、書き込んだ人の学力や英語力によってそれぞれ異なります。

よってネット上の口コミは参考にはしてもよいとは思いますが、鵜呑みにはしない方がよいと思います。

知名度の高い通信大学を選ぶのも1つの手

もしどの通信大学で英語の教員免許を取得してよいかわからなくなった場合には、「知名度の高い通信大学を選ぶ」という考えもあります。

通信大学の中で知名度が高い大学は、古い歴史を持っており在籍生徒数も非常に多いです。

たとえば「明星大学」「佛教大学」あたりとなります。

通信制大学ランキング5選!【2024年度版】おすすめの通信大学(人気・学費)
通信制大学おすすめランキング【2024年度版】を紹介しています。 このサイトは、通信制大学の情報を扱うサイトとして2004年から運営しています。 長い歴史の中でデータが蓄積されており、そのデータを基にランキング形式で紹介することができていま...

私は明星大学の通信を利用して小学校の教員免許を取得したのですが、とくに問題を感じたことはありませんでした。

参照 明星大学

 

英語の教員免許が取れる
通信大学一覧

英語の教員免許を取る+英語教員になるために必要なこと

英語の教員になるために必要なこと

英語の教員免許を取り英語の教員になるために必要なことを、個人的見解で紹介したいと思います。

個人的な見解ではありますが、私自身、海外への留学経験があり、学生に長く英語を教えている経験を持っている前提での話となります。

受験問題で8割~9割の点数を取れるレベルは欲しい

英語の教員免許を取るということは英語を教える仕事に就くということなので、それなりの英語力は必要となります。

中学校の英語教員を目指しているのであれば、高校入試の英語の試験で9割前後取れるくらいの英語力は欲しいです。

高校の教員を目指すのであれば、大学入試の8割~9割は取れるレベルが欲しいです。

実際には、そこまでのレベルがない先生もいると思います。それでもある教員にはなれると思います。

ただし、現在では英語が得意な子どもが一昔前より多くなっており(帰国子女、親が英語を使えるなど)、それなりの英語力がないと教えているときに悲しくなってくると思います。

よって少なくてもペーパーテストで高得点を取れるレベルは欲しいところです。

 

英語の教員免許が取れる
通信大学一覧

英語の教員免許を取ること自体は難しくはない

通信大学で英語の教員免許を取ること自体は、それほど難しいことではありません。

通信大学の勉強の基本は、レポート作成と科目修了試験に合格し単位を修得すればよいだけです。

レポートは調べながら作成することができますし、テストはレポートの範囲がテストとなっているため、レポートをまともに作成していればそれがテスト対策となります。

英会話力は高くなくても教員になれる

英語教員に高い英会話力は必要ないと考えます。ただし「今のところは」です。

日本の学校で勉強している英語は「受験英語」です。そのため受験英語が解けるレベルの知識があれば問題ありません。

ペーパーテストと会話力は似て非なるものです。

ただし、学校に外国人の先生が来たときには間違いなく頼りにされますので、ある程度話すことができた方が良いでしょう。

会話力が求められるようになってきている

近年の学校教育における英語は、少しずつ英語でのコミュニケーション能力が求められるようになってきました。

端的にいってしまえば会話力です。

そのため日常会話レベルの英語は身に付けておいた方が、先生として生活する上できっと役に立つことでしょう。

また最近では、帰国子女や親が英語を話せる子どもが増えてきています。そのため生徒の方が会話力が上ということはよくある話です。

もちろん会話力があるからといって受験英語で点数が取れるとは限りません。それでも生徒の方が先生よりも会話力が上であると授業がしにくいと感じてしまうかもしれません。

そのようなこともあるため、ある程度の英会話力は身に付けておきたいところです。

最近ではオンライン英会話が数多くあるため、このようなものを利用すると会話力はアップすることでしょう。

英会話力が高いから先生になれるというわけではない

ある程度の英会話力が欲しいところではありますが、英語がペラペラに話せるから英語教員になれるかというとそういったことでもありません。

やはりペーパーテストで点数が取れなければならないのです。

わかりやすくいうと、私たち日本人は日本語を流ちょうに話すことができます。しかし国語の試験で高い点数が取れるかというと、全員がそうではないです。

つまり会話のレベルが高くても、ペーパーテストで必ずしも高得点が取れるとは限らないということです。そのため、英会話が得意な人でも免許を取得する際、そして教員採用試験を受ける際は、さらには教育現場においてもしっかりと勉強をした方がよいでしょう。

最近では小学校から英語教育が必修となり、以前よりも英語学習に対する熱の入れ方が強くなってきています。そのためこれから指導方針が一番変化をしていく教科だと思いますので、柔軟に対応していきましょう。

英語の教員免許が取れる
通信大学一覧

受験英語に重要な単語力 英語の勉強方法を教える必要がある

英語で重要なことは「単語力」だと思います。

そしてその単語をいかに生徒に覚えさせることができるのか、そして生徒たちが英単語を覚えてくるように仕向けられるのかが先生の腕の見せ所と言ってもよいでしょう。

あくまでも持論ですが、中学英語において英単語を100%覚えていれば、それだけで6割~7割は問題を解くことができることでしょう。つまりそれだけ単語は重要だということです。

しかし非常に地味な作業であり、この作業を苦手とする生徒は少なくありません。そんなとき、教える立場の人間がどのように指導するかによって、生徒の単語習得率は変わってくるものです。

単語だけの話ではありません。文法においても、そしてその他の教科においても、生徒をいかにレベルアップさせる方向へ導くのか。これが教師には必要な要素となることでしょう。

教育現場でどのような先生になるのかを考える

結論としてですが、通信大学の通信教育で英語の教員免許を取ること自体はそこまで難しい話ではありません。

ただし英語の教師として学校の教壇に立つということであれば、ある程度の英語力は必要になることでしょう。なぜなら教員採用試験に合格できないためです。

また英会話力は日常英会話程度は少なくても欲しいところです。受験英語はペーパーテストではありますが、英語教育が少しずつ変化し英語でのコミュニケーション能力の向上を求めてきています。

英語の教員免許が取れる
通信大学一覧

よくある質問

通信大学で英語の教員免許は取れますか?

可能です。既に何かしらの教員免許を持っているのであれば1年前後。何も教員免許を持っていない状態では約2年必要となります。(4年制大学卒業の場合)

英語の教員に英会話力は必要ですか?

基本は受験英語を解くことができるレベルがあればよいと思います。しかし会話力はどんどん必要となってきています。少なからず日常英会話力程度は欲しいところです。

どの通信大学を選んだらよいですか?

これを答えられる人はいないことでしょう。ただしどの通信大学で取得しても同じ英語教員免許です。

 


英語の教員免許が取れる
通信大学一覧

博物館学芸員の資格

【日本大学 通信教育部】8種類の教員免許と2種類の資格が取得できる通信大学

「日本大学の通信教育部」では、社会や英語の教員免許、さらには司書教諭や博物館学芸員の資格を取得することができます。
東海の通信大学

【名古屋学院大学 通信制大学院】2種類の教員免許と1種類の資格が取得できる通信大学

「名古屋学院大学 通信制大学院」では、英語の教員免許(専修)を取得することができます。
司書教諭(学校図書館司書教諭)の資格

【環太平洋大学 通信教育課程】6種類の教員免許と2種類の資格が取得できる通信大学

「環太平洋大学の通信教育課程」では、小学校、数学、英語の教員免許から、大学卒業資格、学校図書館司書教諭などの資格を取ることができます。岡山県にあり、この地域には通信大学自体が少ないため貴重です。
保育士の資格

【佛教大学 通信教育課程】19種類の教員免許と11種類の資格が取得できる通信大学

佛教大学は通信大学として長い歴史を持ち、数多くの教員免許や資格を取得することができます。
国語の教員免許

【武蔵野大学 通信教育部】6種類の教員免許と7種類の資格が取得できる通信大学

武蔵野大学の通信教育部では、小学校、英語、国語、書道の教員免許を取得することができます。また認定心理士や社会福祉士などの資格も取得することができます。とくに書道の教員免許が取れる通信大学は少ないため、貴重な通信大学と言えます。
公認心理師の資格

【東京福祉大学 通信教育課程】11種類の教員免許と9種類の資格が取得できる通信大学

東京福祉大学は小学校教員免許をはじめ、数多くの教員免許が取得できる通信大学です。その他にも福祉系や自動系の資格を取得することができます。
保育士の資格

【明星大学 通信教育部】18種類の教員免許と3種類の資格が取得できる通信大学

明星大学は数多くの教員免許を取得できる通信大学です。小学校教員免許や数学、英語など一般的な教員免許以外にも、美術、音楽、特別支援等も取得できる数少ない通信大学です。
保育士の資格

【聖徳大学 通信教育部】11種類の教員免許と14種類の資格が取得できる通信大学

聖徳大学では小学校教員免許や国語教員免許など、教育関係の教員免許が多数取得できる通信大学です。教員免許以外にも教育系の資格も複数取得することができます。学費が比較的安く人気の通信大学の1つと言えます。
保健体育の教員免許

【星槎大学 通信教育課程】9種類の教員免許と11種類の資格が取得できる通信大学

星槎大学の通信教育課程では、複数の教員免許のほか、教育現場で活躍するための資格である支援教育専門士や教育カウンセラー、自閉症スペクトラムサポーターなどの資格を取得することができる通信大学です。