教員の待遇 教員は地方公務員のため待遇面は保証されている

教員の待遇 教員は地方公務員のため待遇面は保証されている 教員の待遇 教員は地方公務員のため待遇面は保証されている

教員の待遇について掲載しています。教員は地方公務員です。

正規の教員ではない講師であっても、その扱いに大きな違いはありません。公務員であるため給与や休暇、手当てにおいてはかなり優遇されています。

そんな実際にはあまり知られていない「教員の待遇」について掲載しています。

生活で困ることはないくらいはもらえる

教員は地方公務員ですので、その生活は保証されています。保証されているというのは「生活に困るほどの給与ではない」ということです。人それぞれ生活の仕方が異なるものですが、普通に生活するほどのお給料はもらえます。

また毎年9000円ずつ昇給していきますし賞与もあります。残業代も給与の一律4%ですが出ます。さらに各種手当も付きます。

世の中では「昇給がない。賞与がない。残業代がない。」という職場もあると耳にしますが、そのようなことはありません。

このように考えると、全然悪くはない環境だと思います。

複数の手当てで手取りが増える

教員は基本給のほかにさまざまな「手当て」が付きます。人によって異なってはきますが、手当だけでかなりまとまった金額となります。

一般的な手当てとして「教職員手当」「配偶者手当」「扶養手当」「住居手当」「通勤手当」あたりです。その他、管理職には「管理職手当」、主任には「主任手当」などが付きます。

そのため1人の先生に対して、数多くの手当てが付くことも珍しくはありません。

子育て世代にも複数の恩恵がある

教員の待遇が良いと思う理由として「子育て世代への複数の恩恵」があります。「出産休暇」「育児休暇」といった「特別休暇」です。

特別休暇中は給与が出ます。お断りとしてですが、支払われる給与の金額は地域によって異なる可能性がありますが、特別休暇に入る前にもらっていた給与額の何割かを一定の期間もらうことができるのです。

年齢=給与額に近い数字はあり得る

「年齢分の給与をもらえたらいい」

このような言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。教員の待遇として言うと、これは案外現実的な数字です。数人の30代の教員に話を聞いたところ、大体年齢分くらいの給与はもらっていました。

基本給はそれほどでもないのですが(といっても一般的にみると悪くはない)、やはり各種手当を合算すると、年齢分くらいにはなるのです。

教員の待遇 教員は地方公務員のため待遇面は保証されている

教員の待遇は?生活に困ることはない待遇は保証されている

教員の待遇は決して悪いものではありません。生活に困るといったことはありません。安定している仕事でもあるため魅力を感じる人も少なくありません。
教員の待遇 教員は地方公務員のため待遇面は保証されている

教員の給料 年齢=給与額は決して間違いではない

教員の給与はあらかじめ決められており、毎年9000円ずつ昇給していきます。おおよそですが年齢と給与額が同じくらいになっていきます。
教員の待遇 教員は地方公務員のため待遇面は保証されている

教員の残業手当 給料の一律4%が支給される

教員の残業手当は給与の一律4%が上乗せして支給されます。そのため残業としてもしなくても支給される残業手当は一緒です。教員の給料は基本的に、基本給と教職調整額、そこに様々な手当てが付くようになります。一般的に言われている残業手当は教育現場では教職調整額と呼ばれています。
教員の待遇 教員は地方公務員のため待遇面は保証されている

教員の手当ての種類 手当で給与が大きくアップする

教員の給料には様々な手当てが付きます。1つ1つの手当てはそれほど大きくはありませんが、すべて合わせると結構まとまった金額になるのです。
教員の待遇 教員は地方公務員のため待遇面は保証されている

教員の育児休暇 一般企業よりも優遇されている

教員の育休休暇は一般的な企業よりも優遇されていると思います。子どもが最長3歳になるまで育休休暇として認められます。給料も休暇中の初めの1年間はもらっていた給与額の60%をもらうことができます。
教員の待遇 教員は地方公務員のため待遇面は保証されている

教員の特別休暇 出産休暇と育児休暇が主

教員には、さまざまな特別休暇が設定されています。主なものとしては出産休暇と育児休暇でしょう。その他、夏季休暇、家族休暇といった休暇も取ることができます。
教員の待遇 教員は地方公務員のため待遇面は保証されている

学校の先生の一日 小学校教師の勤務時間は表向きは9時間(1時間休憩)

小学校の先生の一日の流れを紹介しています。表向きの勤務時間は約9時間前後でしょう。学校や先生により時間や仕事量が異なってきます。
教員の待遇 教員は地方公務員のため待遇面は保証されている

学校組織の運営表 学校は複数の組織から構成される縦社会

学校組織は縦社会となっています。基本的には全ての先生が何かしらの役割を持っています。また複数の役職を兼務されている先生もいます。
タイトルとURLをコピーしました
教員免許が取得可能な通信大学一覧 教員免許が取得可能な通信大学一覧