教師の基礎・基本としての学級経営

学級経営は、学級に編成された一団の子ども達に対して、年間を通して継続的に人間関係の構築などの諸条件の整備をはかり、好ましい学習・生活環境を提供する営みである。学級の環境の状態を良好に維持し、子ども達の人間関係を深め、人間的に成長をとげる姿を生み出すことができるか否かは、まさに学級担任の力次第という側面が多分にあり、学級経営の巧拙によるところが大きい。  

このような学級経営についての考え方と技術を身につけること。それは、教師にとっての基礎・基本といってよい。すなわち、授業において一斉授業ができること。それに加えて学級経営の技術を持つこと。まさに教職のイロハであり、教師の基礎・基本といっても過言でない。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ