スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール

2002年度から文部科学省により開始された研究開発学校。英語教育を重点的に行う学校であり、英語教育を重視したカリキュラムの開発、一部の教科を英語によって行う教育、大学や海外姉妹校との効果的な連携方策などについて実践的研究が行われている。

2002年度に全国で16校の高等学校が指定されている。たとえば、京都府立嵯峨野高等学校では次のような研究が行われている。 原則的にすべて英語による英語専門科目の指導 ・TOEICの全員受験及び評価への組み入れ ・大学での特別講座(言語学・文学・国際関係・同時通訳・翻訳・ディベート)の実施 ・他教科授業(理科・数学等)の英語での実施 ・関西学術研究都市等の研究機関との組織的な交流や連携方法の研究

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ