スーパーサイエンスハイスクール

2002年度から文部科学省により開始された研究開発学校。科学技術、理科・数学教育を重点的に行う学校であり、理科・数学に重点を置いたカリキュラムの開発、大学や研究機関等との効果的な連携方策についての研究を推進し、将来有為な科学技術系人材の育成に資することを目的としている。2002年度に20校の高等学校・中高一貫教育校が指定され、次のような取り組みを行っている。

学習指導要領によらない教育課程の編成実施等により、理科・数学に重点を置いたカリキュラムの開発 ・大学や研究機関等と連携し、生徒が大学で授業を受講、大学の教員や研究者が学校で授業を行うなど、関係機関等との連携方策の研究 ・論理的思考力、創造性や独創性などを一層高めるための指導方法の研究 ・科学クラブ等の活動の充実 ・トップクラスの研究者や技術者等との交流、先端技術との出会い、全国のスーパーサイエンスハイスクールの生徒相互の交流。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ