デザインを学べる通信大学

通信大学の中には「デザイン」を学ぶことができる学校があります。

一言でデザインといっても非常に幅広いわけですが、例えば京都造形大学の場合、illustratorやPhotoshopなどを操作する授業から、それらを利用し広告や絵本、キャラクターをデザインする授業があります。

また、illustratorやPhotoshopを使えるようになることで、WEBデザインの分野でも活躍することができます。

種別 都道府県名 大学名
1種 東京都 武蔵野美術大学
京都府 京都造形芸術大学
大阪府 大阪芸術大学

通信大学?それとも専門学校?

デザインを勉強するためには、通信大学、専門学校という道があります。

例えば通信大学であれば、デザインを学び、さらには卒業する際に大学卒業資格を与えられます。

専門学校では集中的に技術面を磨くことができるでしょう。

どちらにとってもメリットデメリットがありますが、大学卒業資格も取得したいと考えるのであれば、通信大学のほうが良いでしょう。しかし、大学卒業資格よりも、もっと専門的にデザインの勉強をしたいと思っているのであれば、専門学校のほうが良いかもしれません。

どちらの道に進むにせよ、デザインは主に、その個人のセンスが大きく影響する世界です。そのため、個人の努力が必要になってくる分野です。

広告業界は常に需要がある分野

企業がある限り、そしてそれらの企業が商品を打ち出し宣伝をする限り、必ず広告が必要となります。

その際に、広告デザインを行うのはデザイナーの役目となります。誰でもできることではありません。近年ではillustratorやPhotoshopを駆使しデザインを行っていきます。

ソフトの基本的な操作はもちろん、デザイナーそれぞれのセンスも必要になってきます。

厳しい世界ではありますが、これからさらに需要が拡大する職種といえます。

WEB業界はこれから需要が増えていく分野

WEB技術が発達し、数多くのホームページが登場しています。ホームページを少しでも良いものにしたいと考えるとデザインは切っても切り離せない存在となります。

しかし、ホームページ制作とWEBデザインは全く違った技術を使用します。そのため、多くのホームページ制作業者はデザイナーと専属で雇ったり、外注契約を行います。

日々数多くのホームページが作り出されるため、WEBデザイナーの需要は非常に高いものとなっています。

通信大学でも専門学校でもその後の努力が不可欠

通信大学でも専門学校でも、デザインに関しては習ったから即戦力になれるかというとそうではありません。

人が色の好き嫌いがあるのと同じように、デザインの好き嫌いというのも当然出てきます。相手の要望をしっかりと汲み取りそれを形にし、さらに自分の色を出す力が必要になることでしょう。

それだけ奥の深い分野ですので、やりがいは大きいことでしょう。

デザインを学べる通信大学

【武蔵野美術大学 通信教育課程】4種類の教員免許と1種類の資格が取得できる通信大学

「武蔵野美術大学の通信教育課程」では、美術と情報の教員免許、博物館学芸員の資格を取ることができます。美術の教員免許を取得できる通信大学は非常に珍しいです。
デザインを学べる通信大学

【京都造形芸術大学 通信教育部】2種類の教員免許と14種類の資格が取得できる通信大学

「京都造形芸術大学 通信教育部」では、美術の教員免許のほか、大学卒業資格である学士、建築士受験資格、臨床美術士資格、博物館学芸員資格などの資格を取得することができます。
デザインを学べる通信大学

【大阪芸術大学 通信教育部】9種類の教員免許と9種類の資格が取得できる通信大学

「大阪芸術大学の通信教育部 芸術学部」では、小学校、国語、美術などの教員免許のほか、建築士受験資格などの資格を取得できる通信大学です。西日本の芸術大学としてはかなり大きな規模となっています。
タイトルとURLをコピーしました
教員免許が取得可能な通信大学一覧 教員免許が取得可能な通信大学一覧