教諭

教諭は、児童生徒の「教育をつかさどる」(学校教育法第二八条第六項)ことを職務とし、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、盲・聾・養護学校、および幼稚園に必ず置かれる職である。免許状の種類として、小学校教諭、中学校教諭、高等学校教諭、盲・聾・養護学校教諭、幼稚園教諭があり、それぞれに異なる資格要件が教育職員免許法によって定められている。

児童生徒に対する教育活動に直接たずさわり、学校組織を構成する中心的なメンバーであり、教務主任や学年主任をはじめとする主任は教諭をもって充てられる。したがって、「教育をつかさどる」というシンプルな職務規定ではあるが、その職務の内実は、きわめて多様で幅広い。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ