グループ・ダイナミクス

グループに作用する相互の関係について、その力学の解明をめざす社会科学の一分野であり、小集団研究の代表的な方法論。集団力学ともいわれている。心理学者のレヴィンによって提唱された。グループ・ダイナミクスには、集団への成員の動機、集団の凝集性、成員の目標達成への促進的役割にかかわるリーダーシップ、コミュニケーションの構造、集団の構造、地位と役割、相互依存の在り方、などが主な研究テーマとしてあげられ取り組まれてきた。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ