学校経営の現代化

1960年代後半以降、学校経営の「近代化」が組織の合理化・能率化に偏するものとの反省に立って展開された主張と取り組み。「民主化」の視点を基盤としたうえで組織の合理化を進めるべきである、という立場に立って学校経営の「科学化」を進めようとした。国家レベルの教育管理体制が中央集権的体制を固めていったこの時期、一方において「教育」現場である個々の学校においていかに自律性を確保し高めるか、という課題意識が実践家と研究者の間で高まったが、そうした議論に基盤を与える役割を果たしたといえる。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ