時間割(時間表)

学校の教育課程にもとづく学習活動を、一定の期間を単位として時間配列したもの。一般に、小・中・高等学校においては、学習指導要領に定められた各教科(科目)、道徳および特別活動等の年間の授業(時数)を週単位(年間35週)で位置づけ、曜日ごとの各時間に割り当てた表を指す。

1単位時間は小学校では45分、中・高等学校では50分をそれぞれ標準としてきたが、2002年度から実施された学習指導要領では45分または50分を常例とせずに、「各教科等のそれぞれの1単位時間は、各学校において、各教科等の年間授業時数を確保しつつ、……適切に定める」と改められた。  

時間割作成は、学習効果をあげるために各教科等の特性や授業形態・方法、教室(施設)等を考慮して行われる。新学習指導要領では年間授業時数が35週で割り切れない教科が生じたために、教務担当者は時間割作成に大いに頭を悩ました。

そのため幸か不幸か、単位時間をモジュール化したり、A週・B週のように複数の時間割を設けたり、週時間割を固定せずにテープスライド制にしたりと、様々な方式に取り組む学校が増えている。小学校のなかには、児童がその都度の学習関心に応じて自主的に毎週の時間割を決めているところもあるが、中・高等学校では教員数や施設・設備

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ