通信大学の科目終了試験とは単位を取るための試験

科目終了試験とは通信教育で単位を取るための試験です。

通信教育では各教科の「レポート制作」とそれに対する「試験」もしくは「スクーリング」の2つが合格して初めて単位取得となります。

通信大学の科目認定方法

 

ここでは私が教員免許を取得した明星大学を例にとって話していきたいと思います。

試験日程

科目終了試験の試験会場は明星大学本校だけではありません。各都道府県に会場が設けられそこで試験が行われます。これはその他の通信大学でも同じことが言えます。

試験は決められた月に行われます。(毎月あるわけではありません)

試験の日程は、毎月大学から送られてくる「めいせい」に掲載されているので参考にしてください。

試験月 2月・4月・5月・6月・8月・10月・11月・12月
レポート提出期限 12/15・2/15・3/15・4/15・6/15・8/15・9/15・10/15
受験申し込み期限 1/15・3/15・4/15・5/15・7/15・9/15・10/15・11/15

試験の日程は第1土曜日か第2土曜日が多いです。

ここで気を付けてもらいたいのは試験を受けるためにはレポートを提出しておく必要があるということです。

例えば4月に試験を受ける予定を立てたとします。するとその試験科目のレポートの提出期限は2月15日となります。試験の申し込みはその1か月後までとなります。

そのためレポートをどんどん提出していかないと、試験を受けることが出来なくなってしまいます。すると免許を取れる時期も自動的に遅くなっていってしまいます。

また、実習(教育実習介護実習)は既定の単位数を取得、もしくは取得見込みでないと申し込むことができません。このようなこともあり、早めに免許取得をしたいと考えている方は、レポートにまずは力を入れたほうが良いと思います。

分かりやすくまとめてみたいと思います。

  • 1度に受けられる試験は3科目まで
  • 毎月試験があるわけではない
  • 既定の単位を取らなければ実習に行くことができない

このようになっているためどんどん試験を受けて行かないと、実習に行く時期がどんどん先延ばしになってしまい、免許が取れる時期も遅くなってしまうのです。

試験内容

試験内容は毎月変わります。また各地域ごとに違った問題が出るようです。試験範囲が指定されている科目もあれば指定されていない科目もあります。

試験時間は1科目45分です。しかしはじめに全ての問題が配布されるので、1つの試験が終了したらどんどん次の問題に取り掛かっても構いません。大抵の場合、1科目30分程度で終わると思います。

休憩時間はありません。遅刻は30分までOKです。45分たつとはじめの教科の答案用紙を試験監督が回収しに来ます。試験はほとんどの教科が論述問題ばかりです。一問一答ではありません。ですから自分の意見も交えしっかりと説明できないと答えられないと思います。

試験用紙はA4サイズで裏面まで解答可能です。私はほとんど裏面まで解答しました。他の受験生もかなり書いているようでした。

試験開始30分後であれば自分の試験が終了したら試験を提出して帰ることが出来ます。もし問題が難しく答えられそうにないと判断したらその科目だけを棄権することも出来ます。その際には解答用紙に『キ』と大きく書けば棄権扱いになります。

1科目棄権したからといってその他の教科が全て棄権扱いになるというわけではないので安心してください。


 

全国の通信大学

所在地大学名
北海道北海道情報大学
群馬県東京福祉大学
埼玉県人間総合科学大学
千葉県聖徳大学 / 帝京平成大学 / 放送大学
東京都明星大学 / 日本大学 / 玉川大学 / 創価大学 / 東洋大学 / 法政大学 / 慶応義塾大学 / 日本女子大学 / 自由が丘産能短期大学/ 東京未来大学 (オススメ) / 武蔵野大学 / 武蔵野美術大学
神奈川県星槎大学
愛知県愛知産業大学 / 愛知産業大学短期大学 / 日本福祉大学
大阪府大阪芸術大学
京都府佛教大学 / 佛教大学大学院 / 京都造形芸術大学
兵庫県神戸親和女子大学 / 姫路大学
岡山県吉備国際大学
宮崎県九州保健福祉大学
※所在地は本部を置いている場所です。

記事のタイトルとURLをコピーする

このページの先頭へ