勤務中に校長がお見舞い

佐伯市立中学校の校長が入院中の母親を1年間で少なくとも66回お見舞いに行ったという話ですが、母親思いで関心はしますが、勤務時間中はまずいと思います。

誰しも多くの事情を抱えています。誰でも身内が入院したら心配なものです。しかし、仕事中にお見舞いに行くのはどうかと思います。校長といったら多忙なものです。誰でもなれるわけではありません。だからこそお給料も一般の先生方よりももらっています。

給料とは仕事の内容、能力によって左右されます。ですから、お見舞いに行くから給料をその分カットするとかだったらまだ分かります。また、月に1回という程度なら分かります。しかし、この校長は1年に少なくても66回。1ヶ月に5~6回は勤務先を抜けています。

やはり私事なので程度を考えて行動してもらいたいものです。また、校長は学校全体のお手本となるべき人です。そのあたりの考慮をこれからはしてもらいたいです。

校長の動向は一般的には分からない(2016年3月28日追記)

校長先生にどのようなイメージを持たれているでしょうか?常に校長室にいるイメージでしょうか?

実は校長先生は、あまり学校にはいません。とにかく外出が多いです。では、どのような用事で出かけているのかということですが、それは一般的な職員はあまり知らないと思います。

教頭先生や教務辺りであれば知っているかと思いますが、彼らでも完全に把握しているかどうかは怪しい所です。

では、外出して何をしているかというと、様々な会議に出席しているとのことです。その会議で決定した内容を、学校に持って帰り、先生たちに伝えると言った役割があります。

また、1日中外出しているかというとそうでもありません。朝はいたけど、しばらくしていなくなって、午後に帰ってきたり、朝からずっといなくて子どもの下校時間くらいに帰ってきたりと色々です。

そのため、実質学校にずっと滞在している教頭先生、もしくは教務主任・主幹教諭が、学校内の動向を一番把握していると言っても良いでしょう。

このようなこともあり、校長先生が外出することに疑問を持つ一般教諭は少ないと思います。そのため、このような問題が仮に起こっていたとしても判明しずらいと思います。



 

全国の通信大学

所在地大学名
北海道北海道情報大学
群馬県東京福祉大学
埼玉県人間総合科学大学
千葉県聖徳大学 / 帝京平成大学 / 放送大学
東京都明星大学 / 日本大学 / 玉川大学 / 創価大学 / 東洋大学 / 法政大学 / 慶応義塾大学 / 日本女子大学 / 自由が丘産能短期大学/ 東京未来大学 (オススメ) / 武蔵野大学 / 武蔵野美術大学
神奈川県星槎大学
愛知県愛知産業大学 / 愛知産業大学短期大学 / 日本福祉大学
大阪府大阪芸術大学
京都府佛教大学 / 佛教大学大学院 / 京都造形芸術大学
兵庫県神戸親和女子大学 / 姫路大学
岡山県吉備国際大学
宮崎県九州保健福祉大学
※所在地は本部を置いている場所です。

記事のタイトルとURLをコピーする


このページの先頭へ