【東京未来大学 通信教育課程】2種類の教員免許と12種類の資格が取得できる通信大学

【東京未来大学 通信教育課程】2種類の教員免許と12種類の資格が取得できる通信大学 大学卒業資格が欲しい!通信大学で「学士」を取る方法
東京未来大学無料資料請求

東京未来大学では、小学校教諭や幼稚園教諭といった教員免許や、学士や認定心理士などの資格を取ることができる通信大学です。

東京未来大学で取得できる教員免許

東京未来大学で取得できる資格

定員について

こども心理学部 こども心理学科 通信教育課程

正科生 75名(春期、秋期)
3年次編入生 300名(春期、秋期)
科目等履修生 若干名(春期、秋期ともに若干名)

入試について

出願期間

正科生、3年次編入生、科目等履修生ともに次の通り

【春期入学(4月)】
A日程 1月上旬~2月中旬
B日程 2月中旬~3月中旬
C日程 3月中旬~4月上旬

【秋期入学(10月)】
D日程 7月上旬~8月下旬
E日程 8月下旬~9月中旬
F日程 9月中旬~10月上旬

※各日程の出願期間で定員を満たした場合、それ以降の募集は実施致しません。
※各期間の最終日は、すべて締切日消印有効

選考方法

正科生、3年次編入生、科目等履修生ともに書類審査
(志願票、志願理由書、卒業証明書、健康診断書等)

学費について

【正科生】
入学金 30,000円(初年度のみ)
授業料 75,000円/半期
スクーリング料 7,000円~10,000円/単位
教材費 2,000円~3,000円/科目
概算年間 250,000円程度

【3年次編入生】
入学金 50,000円(初年度のみ)
授業料 75,000円/半期
スクーリング料 7,000円~10,000円/単位
教材費 2,000円~3,000円/科目
概算年間 300,000円程度

【科目等履修生】
登録料 30,000円(継続登録は5,000円)
科目履修料 7,000円/単位
教材費 2,000円~3,000円/科目

学費 例(小学校教員免許取得の場合)

区分 正科生
入学金 50,000円
選考料 10,000円
編入料 50,000円
検定料 なし
課程履修費 なし
授業料 年額 150,000円
スクーリング 7,000円(1科目当たり)
初年度に必要な学費 225,000円
免許取得までに最低限必要な学費 600,000円前後
※実習費含む

所在地

東京都足立区千住曙町34-12

アクセス方法

東武スカイツリーライン堀切駅2分、京成線関屋駅8分

問い合わせ先

0800-888-5071

無料資料請求

東京未来大学無料資料請求

東京未来大学の特徴

東京未来大学

東京未来大学は、日本の中でも比較的新しい大学です。通学過程、通信課程両方が設置されています。

東京未来大学自体は、東京都の足立区に本部が設置されています。元々、廃校になった中学校を改修して大学となっているため、それなりの広さもありますし、何よりもオシャレです。

本部にスクーリングに行かれる方は、東部スカイツリーラインを利用し「堀切駅」で下車してください。そこから歩いて10分ほどで到着します。

一般的な大学に比べかなりリーズナブルな学費

東京未来大学で教員免許を取得する場合、3年次編入学の場合には2年間で約60万円で取得することができます。

まず3年次編入学というのは、今まででどこかの大学をすでに卒業している人が通信大学で教員免許を取得する場合に選択するコースとなります。つまり最終学歴が「大学卒業」である場合には、通信大学には「3年次編入学」を選択し学習を始めることとなります。

もし最終学歴が「高校卒業」の場合には「1年次入学」となります。

2年で学費は60万円

通信大学で教員免許を取得する場合には最短でも2年必要となります。そしてこの2年の中で教員免許に関する勉強を行い単位を取得していくことになります。

2年間で学費が60万円というのは、一般の大学と比べるとかなり安い金額になっています。

この中には入学金や授業料、スクーリング費用や教材費が含まれています。

参照 通信大学の学費は驚くほど安い!教員免許は総額40万円前後で取得することができる

 

自宅で試験が受けられる CoLS(コルズ)受験

東京未来大学では、定期試験を自宅のパソコンで受験することができます。

これは試験期間の初日の0:00~最終日の23:59まで受験をすることが可能となります。インターネットでの試験ですが、しっかりと制限時間が定められています。

分からないことがあった時の3つの質問方法

通信教育の弱点は、分からないことをすぐに教員に聞くことができないという点です。基本在宅学習であるためです。

東京未来大学では学生からの質問に対して、3つの方法で回答してもらえます。

1つ目は「科目のフォーラム」というところから、質問をすることができます。ここでは学生同士でも質問のやりとりができるため、コミュニケーションの場ともなっています。

2つ目は、担当教員へメールを直接送って質問することが可能です。

3つ目として、担当教員には1日の内に約2時間は研究室に滞在するといったオフィスアワーがあります。この間に電話や訪問などで質問することが可能です。

YouTubeで情報発信

東京未来大学の通信教育課程では、YouTubeにて入学形態やテキスト科目、スクーリング科目や学費について情報を公開しています。

非常にわかりやすく説明してくれているため、東京未来大学の通信教育に興味のある人は1度視聴してみるとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました
教員免許が取得可能な通信大学一覧 教員免許が取得可能な通信大学一覧