複式学級

異なる年齢の児童生徒や複数の学年をまとめて編制された学級をさす。幼稚園、小・中学校では、原則として同年齢による学級を編制するとされている(幼稚園設置規準第四条、学校教育法施行規則第一九、五五条)。

ただし、

(1)園児、児童生徒数が極めて少数であるとき

(2)教員数が不足するとき

(3)施設や経費が不足するときなど

特別の場合には、複数の学年で一学級を編制することが認められている。一般には、へき地や離島などにおけるやむをえない措置と理解されている。  

ただし、教育効果を上げるために複式が役立つこともあり、少人数による複式的な指導としてイエナ・プランは国際的にも有名である。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ