部活動

近年、学校で部活動(課外クラブ)を実施する上で困難な問題が起きている。少子化の影響で学校が小規模化したために、教員数が減少し、また部活動を指導する力量を持った教員も不足しており、さらに部員数の減少や、生徒が部活動を忌避する傾向などにより、廃部や休部を余儀なくされる部が増加しているのである。また、顧問である教員の労働過重も大きな問題となっている。  

こうした状況の中で、同じ学校種、時には異なる学校種の複数の学校が合同で部活動を実施したり、保護者や地域住民に外部指導者(市町村委嘱のボランティア)として部活動を指導してもらったり、あるいは、在籍校にない部を他校で活動できるなどの取り組みを行う市町村が増えている。こうした取り組みは、学校間、学校地域間の交流を深めるとともに、子どもにとっても、より多くの同世代の仲間たちに出会えるという点で有益である。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ