統合教育

心身障害児ができる限り健常児と一緒に教育を受けたり、生活を共にしたりする教育形態をいう。英語の原語のままインテグレーションと呼ばれることもあるが、近年はそれに代わってインクルージョン(日本語訳で包含) という用語が用いられるようになってきた。

障害児にとって早くから健常児(者)と接することは、自分の障害に対する理解を深め、社会性を涵養するために重要である。また健常児にも統合教育を通じて、障害児に対する差別や偏見をなくし、障害をもつ人々を援助する態度を育てることが期待できる。  

統合教育の形態としては、

(1)完全統合方式

(2)通級方式

(3)巡回教師方式

(4)校内交流方式

(5)学校間交流方式

(6)地域交流方式

などがある。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ