飛び級・飛び入学

飛び級とは、学校組織において優秀児の学力を促進するために進級を早めることをいう。その導入について中央教育審議会が審議したが、社会通念上なじまないといった理由で導入が見送られた経緯がある。  

ただし優れた資質を有する者を、通常の修業年限より短い年数で上級の学校に入学させる飛び入学を、高等学校から大学に、そして大学から大学院に進学する際に適用することは可能である。飛び入学は、理数系を中心に優れた能力を有する子どもを、他の子どもたちよりも早く上級の学校に進ませて教育をすべきであるとの意見に押されて導入された制度だが、2001年の学校教育法改正でその適用範囲は全分野に広げられた。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ