通信大学での二重学籍はできるのか?できません ただし例外も

二重学籍について以下のような質問をよくいただきます。

 

「現在○○大学に在学しています。現在在学している大学では、教員免許を取得できません。大学に在学しながら通信教育は受講できるのでしょうか?」

 

結論から言いますと無理だと思います。

正確に言うと、大学に在籍しながら他の大学の授業を受けることは可能と言えば可能です。

しかし教員免許を取るための単位を他の大学で取ることはまず不可能でしょう。もし取れたとしても認められないと思われます。

二重学籍は基本NG

つまり、たとえばあなたが現在一般的な大学の学生だったとしたら、現在通学している大学に「籍」を置いている状態になります。そのため、その状態で他の大学に籍を置くことができません。つまり通うことができません。

これは通信大学でも同じことがいえます。

もしどこかの大学に籍を置きながら他の大学にも籍を置くことは二重学籍(多重学籍)となってしまうのです。

例外のケース

しかし『大学によっては○○大学では正科生、△△大学では科目等履修生』といったような形であれば、2つの大学で授業を受けることができます。

ただしこれは一部の大学で許可が出ているだけなので、必ず2つの大学に確認を取る必要があります。

しかしこの方法で教員免許を取得することが早められるのか?というと、そういうことではありません。

実は二重学籍は法令違反ではない!?

実は二重学籍は法令違反ではありません。ただし「望ましくはない」と文部科学省が発言しています。

文部科学省のサイト内「共同実施制度に関するQ&A」の中に以下のような内容が書かれています。

13.学生が複数の大学に同時に在籍することが不適切であるとされることとの関係はどのようになりますか?

 二重在籍が望ましくないとしているのは、学校教育法の修業年限の規定の趣旨に照らし、学生が二以上の大学の教育課程を同時に履修することは学生の十分な学習時間が確保できなくなると考えられるためです。
 一方、共同実施制度は複数大学が共同して一つの教育課程を提供するものであり、学生は当該共同教育課程を履修し連名学位を授与されるためには、複数大学に制度上は重複して在籍している必要があると解され、これは前記の二重在籍とは趣旨・態様を異にするものであり、これまでの見解と矛盾しないものと考えられます。(したがって、一般的に「二重在籍」が望ましくないという点に変更はありません。)

参照⇒共同実施制度に関するQ&A(文部科学省)

 

要するに、「1人の学生が複数の大学の勉強をすることは1つの大学の授業に集中することができないからやめてね」ということかと思います。

では、「勉強を頑張るから二重学籍しても良いか?」という意見も出てくるかと思いますが、恐らく基本的には難しいでしょう。

なぜなら、この発言は文部科学省がしているためです。つまり日本の国が発言していることであり、その意見に背く行為を各通信大学がわざわざ行なうとは思えません。

ということで、法令違反ではありませんが、実際は難しいでしょう。

やはり難しいと思う

「現在大学に通っている。でも現在の大学では希望の教員免許を取ることができない。なるべく早く希望の教員免許を取りたい!」

このように考え2重学籍を考えている人もいるかと思いますが、結論として難しいと思います。

色々方法を考えてはみたのですが、答えは見つかりません出した。

以下に掲載するのは、私自身考えてみたが結局意味がなかった、不可能だった方法です。掲載している理由は同じような考えをしている人に伝えたいと思ったためです。

考えてみた方法その1 在学している大学で教員免許関連の単位を取得し、その単位を活かす

現在在学している大学で何かしらの教員免許を取得します。

通信大学は卒業した大学で取得した単位を互換すること、つまり流用することができます。

そのため、大学で教員関連の単位を取得していれば、大学卒業後に通信大学に入ることで、早めに希望の教員免許を取れるという考えです。

これ実は意味がありません。

どのような状態でも通信大学で教員免許を取得するためには、最低でも2年必要となります。それは最短2年間で取得する教員免許の専門的な勉強をするためです。

たとえば一般的な大学に入学した場合。はじめの1年生と2年生の時は一般教養を勉強することでしょう。これは教育学部のある大学に入学しても同じことです。

そして3年生と4年生になったときに、在籍している学部の専門的な知識を学びます。文学部なら文学のこと。工学部なら工学的なこと。教育学部であれば取得する教員免許のこと。

つまりどのような状態であれ、教員免許を取得するためには一般教養の単位を持っている上で、最低2年間の取得する教員免許専用の勉強が必要となるのです。

考えてみた方法その2 科目等履修生で単位を取得

放送大学では二重学籍について特別な制限はかけられていません。

しかし教員免許を取得するための授業は確認できません。

「専修免許状を取得」「他教科の免許状を取得」「隣接校種の免許状を取得」に関しては可能です。これら3つは「既に教員免許を持っていることが前提」とされています。

ということで、二重学籍に特別な制限はかけられていない放送大学でも難しいと考えられます。

もし可能だったとして、科目履修生で教員関連の単位を取得したとします。その単位を現在在籍している大学で認められるかというと、難しいでしょう。初めの話に戻りますが文部科学省が望ましくないと言っている行為であるためです。

絶対に大学を中退することはしてほしくない

あくまでも個人的な意見です。

現在大学生であり、通っている大学では教員免許が取れない。通っている大学を辞めて通信大学で教員免許を取ろうと思っているという感じの相談を受けますが正直おススメしません。

まず大学に入る時には教員になるということを考えていなかったことになります。つまり心変わりをして教員を目指そうと考えているのです。では大学を辞め通信大学で教員免許を取り始めたとします。再び心変わりをしないでしょうか。

また教員というのはさまざまな人生経験を積んだ人こそ、子どもたちによい教育ができると思っています。せっかく入学した大学ですので少なくても卒業はするようにし、その間、さまざまな人生経験を積んでみると良いと思います。

そのため「入学した大学が微妙・・・。教員免許取るために大学を辞めて通信大学に入学しよう」というのはあまりおススメしません。

ただしですが、経済的に普通大学に通うことが困難な場合。そしてそれでも大学卒業資格を得て教員免許が取りたい場合。こういった場合には通っている大学を辞め働きながら通信大学に入学するのは1つの方法かなと思います。

いずれにせよ長い人生ですので少し冷静に考えてみて後悔のない決断をしてください。



 

全国の通信大学

所在地大学名
北海道北海道情報大学
群馬県東京福祉大学
埼玉県人間総合科学大学
千葉県聖徳大学 / 帝京平成大学 / 放送大学
東京都明星大学 / 日本大学 / 玉川大学 / 創価大学 / 東洋大学 / 法政大学 / 慶応義塾大学 / 日本女子大学 / 自由が丘産能短期大学/ 東京未来大学 (オススメ) / 武蔵野大学 / 武蔵野美術大学
神奈川県星槎大学
愛知県愛知産業大学 / 愛知産業大学短期大学 / 日本福祉大学
大阪府大阪芸術大学
京都府佛教大学 / 佛教大学大学院 / 京都造形芸術大学
兵庫県神戸親和女子大学 / 姫路大学
岡山県吉備国際大学
宮崎県九州保健福祉大学
※所在地は本部を置いている場所です。

記事のタイトルとURLをコピーする


このページの先頭へ