二兎追うものは一兎も得ず 1つ1つ弱点を克服していく

受験が近くなると、教えるほうの教師も、教えられるほうの生徒も必死になってきます。実際、教師側としては常日頃から必死なのですが、生徒は案外必死ではないのです。しかし、受験を目の前に向かえるとさすがに危機感を感じるのか、本気になる生徒が多いです。

 

しかし、数ヶ月まじめに勉強したところで、成績が一気に上がるのは至難の業です。教師側としても生徒が必死になってくれているのでチャンスなのですが、今までの基礎が充実していないと、基礎からの復習と応用問題を一緒に教えていかなければならなくなります。

 

するとやはり、二兎追うものは一兎も得ずで上手く成績を上げることが出来ません。そこで私としては、基礎に重点を置いた教え方を実行しています。応用はなるべく宿題にし、その次の授業のときに解説をします。

 

全てにおいて基礎は大切です。こんな生徒がいます。常に英語では良い点数を取ってくる生徒。しかし、1~20まで英語で書かせたところ書けないところがある。実際問題として出てはこないにしても、そのくらいは書けていたい。そのため、受験のような全ての範囲から出題される問題になると、基本的なミスを犯してしまう。生徒自身は、毎回定期テストでは良い点数を取っているため、全範囲から出題されるテストで点数が取れないといじけてしまう。そしてやる気を失くす。

 

本当はそこで私たちもやる気を出させなければいけないのですが、それがなかなか難しいのです。そんな時私は、なるべく励まし、時に現実をつきつけ、その中にも笑いを入れ話すようにしています。どんな職業でも同じことが言えると思うのですが、まじめな話をしていても、話の腰を折るほどではない笑いを入れると、相手の注意をひけるものです。

 

私のやり方が正しいとは言いませんが、今のところはこの方法で上手くいっています。学校の先生はどのような形で、そのような状況のとき指導されているのか知りたいです。



 

全国の通信大学

所在地大学名
北海道北海道情報大学
群馬県東京福祉大学
埼玉県人間総合科学大学
千葉県聖徳大学 / 帝京平成大学 / 放送大学
東京都明星大学 / 日本大学 / 玉川大学 / 創価大学 / 東洋大学 / 法政大学 / 慶応義塾大学 / 日本女子大学 / 自由が丘産能短期大学/ 東京未来大学 (オススメ) / 武蔵野大学 / 武蔵野美術大学
神奈川県星槎大学
愛知県愛知産業大学 / 愛知産業大学短期大学 / 日本福祉大学
大阪府大阪芸術大学
京都府佛教大学 / 佛教大学大学院 / 京都造形芸術大学
兵庫県神戸親和女子大学 / 姫路大学
岡山県吉備国際大学
宮崎県九州保健福祉大学
※所在地は本部を置いている場所です。

記事のタイトルとURLをコピーする


このページの先頭へ