ソシオメトリー

集団における成員間の相互関係およびその構造を解明する理論であり、測定の方法をさし、モレノによって提唱された。  

集団に所属する成員相互の関係について、心理的な緊密さと反発に注目することを通して、その集団の構造や緊張状況を明らかにするもので、その方法としてソシオメトリック・テストがよく知られている。また、成員の相互関係や集団の構造を示したものがソシオグラムである。  

この手法を用いることによって、学級集団における相互関係や、下位集団、周辺児、孤立児などの存在をとらえることもでき、学級編成や学級経営の改善の重要な手がかりを得ることができる。ただし、学級の相互関係の測定にあたって、個々の子どもの心および学級内における人間関係に対する配慮と慎重さが必要である。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ