学級の目標

学級において目指すべき育てたい子どもの姿および方針をさす。学級教育目標とか学級経営目標と一般にいわれている。これら学級の目標を設定するにあたって、

(1)学級の子ども達や保護者の実態をふまえているか

(2)学校や学年の教育目標との関連をふまえているか

(3)学級担任の願いが込められているか

(4)いかなる考え方を根拠にしているか

(5)子ども達の思いや願いなどをふまえているか

などに配慮する必要がある。  

設定した学級目標などを達成するために、学級経営案を作成し、そのもとに実践を展開していく。そして、評価を行い、さらに、それを反省材料にしながら、実践を改善していく。この一連の取り組みが、学級経営と称される営みである。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ