チームによる学級の経営

チームによる学級の経営は、複雑化・多様化する教育課題に対処するための1つの方策であり、協動の形態をさす。  

社会の変化にともなって、個に応じる学習指導とか、問題行動の指導や保護者の多様な教育要求に応える対応など、学級担任の個人的努力だけでは容易に処理しきれない課題も少なくない。  

このような職務の高度化・複雑化に対処するには、専門職としてのチームワークが欠かせなくなっている。学年全体で指導に当たる方法や、学級や学年の枠を柔軟にした教授・学習組織を編成・運用する方法など、学級担任間の協力の在り方をより洗練していくことが求められている。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ