教員免許1種と2種によっての合否の違い

これは、ある情報筋から仕入れた情報です。

ある講師がいました。その講師は『教員免許2種』を持っていて、教壇に立っていました。毎年、正規の職員つまり教諭になりたくて、教員採用試験を受けていました。

しかし、ある日現場の上司である教諭がその講師に言いました。

『教員免許は1種でないと教員採用試験に合格しにくいよ』と。

簡単な話、教員採用試験で教員免許1種を持っている人と教員免許2種を持っている人が、同じ点数をとっていた場合、そしてそのうちどちらか一人を合格させたいと考えている場合、教員免許1種を持っている人を合格させるのは、ごく自然のことです。

こんな話もあります。

教員免許2種で教員採用試験に合格した人が、学校側からの指示で講習を受け、1種をとったという話です。このような話はよく聞きます。つまり、いずれにせよ教員免許は1種でないと正規の教諭としては格好がつかないと言うことでしょう。

ですから、教員免許を2種で満足している方がいるとは思いますが、できることならば教員免許1種までとることを強くオススメします。


【前の記事】 «
【次の記事】  »

 

全国の通信大学

所在地大学名
北海道北海道情報大学
群馬県東京福祉大学
埼玉県人間総合科学大学
千葉県聖徳大学 / 帝京平成大学 / 放送大学
東京都明星大学 / 日本大学 / 玉川大学 / 創価大学 / 東洋大学 / 法政大学 / 慶応義塾大学 / 日本女子大学 / 自由が丘産能短期大学/ 東京未来大学 (オススメ) / 武蔵野大学 / 武蔵野美術大学
神奈川県星槎大学
愛知県愛知産業大学 / 愛知産業大学短期大学 / 日本福祉大学
大阪府大阪芸術大学
京都府佛教大学 / 佛教大学大学院 / 京都造形芸術大学
兵庫県神戸親和女子大学 / 姫路大学
岡山県吉備国際大学
宮崎県九州保健福祉大学
※所在地は本部を置いている場所です。

記事のタイトルとURLをコピーする

このページの先頭へ