教員の待遇は?

ここでは教員の待遇面について掲載していきます。

 

実際、教員がどのくらいのお給料ももらっているのかは気になるところです。また、その他の待遇面でどのくらい考慮されているのか。これらを知っておくことは生活をしていく上で非常に大切なことでしょう。

 

また、福利や厚生、有給休暇など、働く際にはとても重要なことも掲載しています。

 

近年、多くの会社では『残業代が出ない』『有給休暇がない』『賞与がない』といった問題が取り立たされています。

 

私も実際に仕事をしてみるまでは、あまり気にしたことがありませんでした。しかし、いざ仕事をしていると、これらのものがあるとないのとでは大きな違いとなります。
「いくら残業をしてもサービス残業になってしまう」

「有給休暇がなく働きづめだ」

「賞与がなく様々な支払いができない」

実際このような話は自分以外の周りの人間に少なくとも一つは該当します。これら全てを満たしている仕事場は、現在少ないといても良いでしょう。

 

では、公務員である教員はどのような待遇の下で働いているのでしょうか?

比較的恵まれている教員の待遇

教員は地方公務員です。そのため、通常の生活をする分のお給料を貰うことはできます。

残業代

しっかりと残業代は支払われます。しかし若干特殊で、定時後に残って仕事をすればするほど残業代が上乗せされるわけではありません。お給料の一律4%が残業代となります。なので、残って仕事をしても、または、全くしなくても残業代は発生しますが一定の金額と言うことになります。

有給休暇

「有給休暇」は問題なくとることができます。ただし、ほとんどの教員は夏や冬の長期休暇の時に有給を取るようにしています。なので、普通に学校があるときには、なるべく休まない方が多いです。また夏休みや冬休みであれば、かなりまとまった期間の休みを取ることができます。ただし、中学校や高校などで部活動の顧問になってしまうと、その限りではありません。休みの面で恵まれているのは小学校教員でしょう。

賞与

賞与、つまりボーナスもしっかりと支給されます。公務員のため、その時の政治情勢によって若干の金額の変動はあるものの、それでも1回のボーナスでお給料の約2ヶ月分の支給となり、それが1年の内に2回あります。年収ベースで考えると、35歳くらいの教員であれば約500万円~約600万円になります。


【前の記事】 
【次の記事】  »

 

全国の通信大学

所在地大学名
北海道北海道情報大学
群馬県東京福祉大学
埼玉県人間総合科学大学
千葉県聖徳大学 / 帝京平成大学 / 放送大学
東京都明星大学 / 日本大学 / 玉川大学 / 創価大学 / 東洋大学 / 法政大学 / 慶応義塾大学 / 日本女子大学 / 自由が丘産能短期大学/ 東京未来大学 (オススメ) / 武蔵野大学 / 武蔵野美術大学
神奈川県星槎大学
愛知県愛知産業大学 / 愛知産業大学短期大学 / 日本福祉大学
大阪府大阪芸術大学
京都府佛教大学 / 佛教大学大学院 / 京都造形芸術大学
兵庫県神戸親和女子大学 / 姫路大学
岡山県吉備国際大学
宮崎県九州保健福祉大学
※所在地は本部を置いている場所です。

記事のタイトルとURLをコピーする

このページの先頭へ