学校の先生の一日 小学校教師の勤務時間は表向きは9時間(1時間休憩)

学校での先生の一日 小学校教師の勤務時間は表向きは9時間(1時間休憩) 教員の待遇 教員は地方公務員のため待遇面は保証されている

学校での先生の一日 小学校教師の勤務時間は表向きは9時間(1時間休憩)

実はあまり知られていない先生の一日のスケジュールを紹介したいと思います。

どの都道府県においても大抵このような感じであると思われます。

先生の1日 休憩時間はあってないようなもの

時間内容先生の行動
7:30~出勤8:00までに出勤すれば問題はないが、朝運動が設けられている場合がある。また周りの目もあるため7:30には出勤していたい。
8:00~朝自習 宿題の丸付け
8:15~朝の会係を決め、子どもたちが進行していく。隙を見つけ宿題の丸付け。
8:30~1時間目
9:15~9:25休み時間トイレ休憩、手洗い、うがい程度
9:25~10:102時間目
10:10~10:30休み時間休み時間が20分あるため、職員室でお茶を飲む先生もいるし、煙草を吸いに行く先生もいる。
10:30~11:153時間目
11:15~11:25休み時間トイレ休憩、手洗い、うがい程度
11:25~12:104時間目
12:10~13:00給食配膳の指導、食事の指導等。特に低学年は時間がかかる。先生にもよるが、さっと食べて宿題の丸付けをする先生もいれば、ゆっくりとたっぷりと給食を楽しむ先生もいる。
13:00~13:50休み時間&清掃活動職員室でお茶をする先生、煙草を吸いに行く先生、子どもと遊ぶ先生と様々。長い休み時間のため怪我をしたり、問題を起こす子どももいるので、その対処をする場合もある。
13:50~14:355時間目
14:35~14:45休み時間トイレ休憩、手洗い、うがい程度
14:45~15:306時間目
15:30~16:40放課後会議、研修等が入れてある場合がある。しかし、ない時には自分の仕事をする。先生の仕事はやってもやっても終わらない。自分自身である程度仕事量を調節できる。
16:40~退社帰宅してもよいが、実際にこの時間で帰る先生はほとんどいない。お茶しながらゆっくり仕事をする人や、学級、学年運営について話す人や、保護者との連絡をする人など、やることは沢山ある。しかし、帰っても問題はない。
実際に先生の多くは18:00~19:00の間に帰宅することが多い。

8時~17時 9時間拘束(45分休憩)

先生は公務員です。そのため他の公務員と勤務時間は同じです。

細かい話をしますと労働時間は7時間45分とされています。勤務開始は大体8時。そして終わりは17時となっています。

ただし実際にはこの通りには行かないのが現状です。

私の場合は7時半までに出勤していました。8時から仕事開始・・・とはなっていますが、すでに子どもが投稿してきているため、出勤した瞬間に仕事が開始されるようなものです。

そこから少し休憩が取れるのが2時間目の後の休み時間と、給食後の休み時間です。と言っても学級の子どもの様子次第で休み時間を取らない(取れない)こともあります。

その後、子どもが下校したら基本的には自由に時間を使えます。しかし多くの場合、会議や研修が入っていることが多いです。それらは1時間~2時間ほどで終わりますし、毎日あるわけではありません。

これらが終わると完全にフリーな時間になります。どんどんたまった仕事を片付ける先生や、休憩を取り続ける先生などいろいろです。

小学校教師の勤務の現状

ここからの話は、先生個人によって大きく左右されると前置きしておきます。

まず出勤時間ですが、多くの先生は7時半前後には出勤しています。早い先生だと6時台に出勤していることもあります。とくに若い先生であったり、朝運動がありその担当となっている先生は早く出勤したりします。

休み時間ですが、授業と授業の間ですので10分間しかありません。そのためゆっくり休憩するという感じではありません。子どもの対応で終わってしまうこともあります。ただし20分間ある休み時間であればお茶を一杯飲むくらいの時間はありますし、子どもと遊ぶ時間もあります。

お昼ご飯は子どもたちと一緒に食べます。そしてお昼の休憩時間は長めに設定されているため、好きなことができます。このとき、教室で宿題を見る先生もいますし、子どもたちと遊ぶ先生もいます。職員室で他の先生と話すこともありますし、空いている教室で黄昏ている先生もいます。

その後、午後の授業を終え子どもたちは下校します。曜日にもよりますが、低学年であれば14時30分前後、高学年であれば15時30分前後には下校します。生徒が下校すると基本的には自由時間となります。時には同じ学年の先生が集まって話し合いが行われたり、学校内の先生が集まって会議や研修が行なわれたりします。

基本的に17時前後が終業時間となっているため、多くの先生は帰宅します。

これら見る範囲では、先生という職業はかなり優遇されていると感じると思います。しかしこれは冒頭でもお話しした通り「先生個人によって大きく左右」されます。

立ち振る舞いが上手い先生とそうではない先生

まず休み時間ですが、休み時間を取れる先生と取れない先生がいます。

休み時間が取れる先生の特徴としては

休み時間を上手く撮る先生の特徴

  • 子どもたちが先生にも休み時間があると理解している(そのように指導している)
  • うまい具合にフェードアウトしている
  • 先生のことが嫌いで話しかけない
  • 子どもたちから話しかけられても流す程度で立ち去る

といった感じです。

放課後は意外と忙しい

次に放課後、子どもたちが下校した後ですが、学年部での話し合い、研修、会議は出席しなければなりませんが、そのほかの時間を自分の自由にすることができるかどうかも、先生によって大きく違います。

上手く時間を使う先生は、必要な仕事をどんどん終わらせ、定時になると帰宅します。良く学校の先生は帰る時間が遅いと言いますがそんなことはありません。別に帰ってもだれからも文句は言われません。もし言われたとしたら、言ってきた方が問題です。

ただしです。仕事をしっかりしていないのに定時に帰宅していたら、上司からの指導が入ることでしょう。たとえば宿題を見ていない、子どもの対応をしていない、クラスの学力が他のクラスに比べ著しく低いなど。そうでない限りは、早く帰っても問題はありません。

また周りの先生との人間関係が良好であると、ある程度の自由が利きます。多少何か目に余ることをしたとしても言ってくることはありません。

保護者への連絡で遅くなることも

保護者に連絡を取ろうとすると時間が遅くなってしまうことがあります。個人情報は学校外に持ち出せません。これは電話番号もです。

そのため保護者へ連絡するときは学校から電話することとなります。このような機会が多ければ、帰宅する時間は遅くなってしまうかもしれません。円滑な学級運営、そして子どものことを考えるのならばこれは仕方のないことでしょう。

何とでも調整できる

先生という仕事はその人次第です。最低限のことをしていればそれだけで学級は回ります。ただしたとえば学級掲示を少しでも豪華にするとか、授業研究に時間をかけてみるとか、時間をかけようと思えばいくらでもかけることのできる仕事でもあります。

なのであまりにも手をかけすぎると、毎日の帰宅時間が20時、21時となってしまうのです。

天性の才能を持つ先生もいる

先生は基本的にまじめな人が多いです。まじめだからこそ、学級掲示や授業研究に時間をかけすぎてしまい、結果として自分を苦しめてしまってたりします。つまり「頑張って先生をしている人」が結構いるわけですが、「天然で先生をしている人」も中にはいます。

天然で先生をしている人は、何をするのもとにかく早いです。宿題を見るのも、学級掲示もです。授業研究は多少する程度でそこまで時間をかけません。

力を入れるところで入れ、抜くところで抜きます。そのメリハリがハッキリしています。人とのコミュニケーションも上手です。なので多少のことがあっても、周りの先生から批判をされることもありません。

天然と言いましたが天性ともいえると思います。そういった先生からしてみると、学校の仕事は楽しいし楽でしょう。反対に真面目過ぎると先生という仕事はどんどん辛くなるかもしれません。

仕事のスピードが遅ければ残業せざるを得ない

学校には決まったイベントというものがあります。そのイベントの準備ができなければ、残業をしなければならないことでしょう。

たとえば成績表。学期末や学年末に必ず成績を付け配布します。ただ成績を付けるだけではありません。子どもたちに、そして保護者に向けたコメントも考えます。この仕事が早い先生とそうではない先生がいます。

いくら退勤時間になったからと言って、これらの仕事が終わっていないのに早く帰ってばかりいては、成績表を渡す日に渡すことができません。

学校や地域にもよるかもしれませんが、成績表は複数の先生によるチェックが入ります。成績に整合性があるかどうか、コメントはしっかりした言葉遣いか、成績とのつじつまが合っているかなどです。特にコメントに関しては、何度も何度も修正を入れることがあります。

そのため、成績表のシーズンともなると、先生たちは大忙しです。これは終わらせなければいけない仕事であり、退勤時間を気にしてはいられません。

基本的に学校のものは、学校外に持ち出してはいけません。特に個人情報となると厳重な管理となります。そのため、成績もコメントも学校内で作業を行なうこととなります。

中学校の先生は結構過酷

今回紹介している「先生の一日」小学校の先生の場合です。中学校となるとこのようには行きません。

特に「部活動」が大きな負担となります。大抵の先生は部活動の顧問となります。自分が指導できる部活の顧問になることが理想ではあるのですが、その限りではありません。

基本的には、毎日放課後、部活の指導に当たるようになります。先生によっては、初めと終わりだけ部活に参加して、後の時間は仕事をしている人もいますが、なかなか難しいのが現状です。

また、学校によって部活動の力の入れ方が違います。部活動に力を入れている学校であったり、部活内に有力な選手がいたりすると、先生にかかる負担はさらに大きくなります。

そのため、部活動にも初めから最後までしっかり参加している先生の場合、自分の仕事は全部後回しになります。部活が終わってから色々な仕事を片付けなければならないのです。

すると、残業時間が一気に増えることになります。しかし、「教員の残業手当」でも紹介していますが、残業手当は給料の一律4%と決まっています。そのため、正直割には合わないことでしょう。

また、休日も部活動はあります。その時も顧問の先生は基本的には参加します。なので、休日をまともに過ごすこともできなかったりするのです。

このように、小学校で働くのか、それとも中学で働くのかによって、仕事の割合と給料の兼ね合いが大きく違うことがあるのです。

お断り

一応お断りとしてですが、中学校の先生を非難しているわけではありません。部活動にかける情熱が物凄いと思います。

よくある質問

先生の勤務時間は長いとされていますが

先生は地方公務員であるため、勤務時間はしっかりと決められています。どの学校においてもです。しかし勤務時間を超えて仕事をする先生が多いのが現状です。

必ず残業をしなければなりませんか?

勤務時間が決められているため、退勤時間が来れば帰宅しても問題はありません。しかし雰囲気的に帰れないことがあるのは事実です。また退勤時間だからと言って全く仕事が終わっていないのに返ってしまうのは、クラスの子ども、保護者、同僚の先生に迷惑をかけてしまう可能性があります。

小学校と中学校ではどちらが忙しいですか?

よく言われているのは、中学校の先生の方が大変とされます。それは部活の顧問になることがあるためです。

タイトルとURLをコピーしました
教員免許が取得可能な通信大学一覧 教員免許が取得可能な通信大学一覧