教員の手当ての種類 手当で給与が大きくアップする

教員には基本給のほかにさまざまな手当てが付きます。

1つ1つの手当ての金額はそれほど大きくはないものの、大抵の場合、複数の手当てが付くこととなります。とくに大きい手当としては「住宅手当」でした。

その当時、家賃が6万円のマンションで生活をしていたのですが、その半分の3万円が支給されました。

教職調整額一律4%
教員特別手当勤務年数によっても違いますが、5,000円~20,000円程度です。
配偶者手当条件として既婚者で、相手が年収140万円未満場合です。また、他の条件では1万5千円~2万円程度です。
扶養手当子どもが22歳に達する年度末まで等。一人当たり3~5千円です。
通勤手当限度額が5万円です。勤務場所まで通常の経路であることが条件です。
調整手当条件として、都市・へき地・寒冷地に住んでいて勤務する場合です。給料の3%~15%です。
管理職手当校長・教頭職に支給されます。8%等です。
定時制通信教育手当条件として、夜間高校や通信教育に関わる場合です。
特殊教育諸学校手当特殊教育諸学校に勤務の場合です。
住居手当世帯主の収入が世帯全体の5割を超えている等の条件があります。持ち家の場合5~8千円程度。借家の場合1万から3万円程度です。
主任手当学年主任や教務主任等です。そのほか学校の規定によります。
特殊担任手当特殊学級の担任。
研究費手当研究費用です。

教員には様々な手当てがつく

上の表を見てもらっても分かる通り、教員には様々な手当てがつくこととなります。そのため、基本給が多少低かったとしても、手当のおかげで比較的、お給料が高くなるのです。

タイトルとURLをコピーしました
教員免許が取得可能な通信大学一覧 教員免許が取得可能な通信大学一覧