教員の特別休暇 出産休暇と育児休暇が主

教員は特別休暇がかなり優遇されています。

一般的な企業ではなかなか育児休業等が取れないらしいのですが、教育現場では当然の権利として利用できます。

多くの企業では、結婚・出産、そして退社。このような流れになっているようですが、学校では結婚・出産・育児休業・復帰というような流れが多いようです。

なぜならば、小学校では女性職員の数は60%以上とされている中、育児休業をしっかりとした権利として確立しなければならなかった現実があります。

出産休暇と育児休暇が主

教員の特別休暇で真っ先に思い浮かぶのは、「出産休暇」「育児休暇」でしょう。多くの方が小学校時代に、出産・育児休暇を取得する先生を見たことがあるのではないでしょうか。

妊娠後期になると休暇を取得します。そして、そのまま育児休暇に入ります。休暇中は在籍していた学校に籍がある状態です。

そのため、休暇中の教員の代わりの教員を探すこととなります。

方法としては、級外の先生が代わりとなる場合と、教育委員会が講師の先生を募集するかのどちらかです。講師とは、『教員免許を取得しているが教員採用試験には合格していない人』、もしくは、『一度教員だったが、事情により退職し復帰する人』です。

どちらにせよ、教員免許を持っている方たちですので、教育のプロです。小学校ですと、講師が担任する場合は、2年生から5年生がメインとなります。

講師の体験 教員免許を持っていれば講師として働くことも

タイトルとURLをコピーしました
教員免許が取得可能な通信大学一覧 教員免許が取得可能な通信大学一覧