教員の育児休暇

教員の育児休暇は、どのような形態になっているのでしょうか。

 

育児休業は、子供が最長3歳になるまで勤務を休暇することが可能です。つまり3年間は休みを取れるということです。

 

その際には、育児休業を取ろうとする1ヶ月前までに勤めている学校の校長先生に『育児休業承認請求書』を提出します。

 

その際の代理の教員は、教育委員会から新たに派遣されます。彼らは講師や非常勤職員と言う形で勤務されるわけですが、講師の場合でしたら休まれている教員の代わりに、クラス担任になることが多いです。もしくは、元々その学校に在籍していた級外の先生が休んでいる先生の代わりにクラス担任となり、新しく採用された講師が級外と言う可能性もあります。非常勤職員の場合は、担当する授業がある時のみ出勤すると言った形になります。

 

ちなみに、育児休暇を取得することができるのは、女性教師だけではありません。男性教師も育児休暇を取得することができます。ただし、夫婦共に教員である場合、一緒に育児休暇を取得することはできません。

 

育児休暇中にもお給料がもらえる

教員の場合、育児休暇中にお給料を貰うことができます。育児休暇の制度はいろいろ変わって、金額もその時によって若干違うのですが、育休前に普通に勤務していた時の約60%前後のお給料を、1年間貰うことができます。

 

この辺りの手当ては、一般的な企業に比べて恵まれていると思います。また、小学校の場合、女性の先生が多いため、育休・産休後の復帰も、周りに理解されやすいため、他の業種と比べスムーズです。


 

全国の通信大学

所在地大学名
北海道北海道情報大学
群馬県東京福祉大学
埼玉県人間総合科学大学
千葉県聖徳大学 / 帝京平成大学 / 放送大学
東京都明星大学 / 日本大学 / 玉川大学 / 創価大学 / 東洋大学 / 法政大学 / 慶応義塾大学 / 日本女子大学 / 自由が丘産能短期大学/ 東京未来大学 (オススメ) / 武蔵野大学 / 武蔵野美術大学
神奈川県星槎大学
愛知県愛知産業大学 / 愛知産業大学短期大学 / 日本福祉大学
大阪府大阪芸術大学
京都府佛教大学 / 佛教大学大学院 / 京都造形芸術大学
兵庫県神戸親和女子大学 / 姫路大学
岡山県吉備国際大学
宮崎県九州保健福祉大学
※所在地は本部を置いている場所です。

記事のタイトルとURLをコピーする

このページの先頭へ