通信教育で先生になるって?通信大学で先生の免許を取ることができる

まず結論から言いますと、通信教育を利用することで、教員免許や資格を取得することができます

ここでいう「通信教育」とは、「通信制の大学で勉強をすること」のことを言います。通信制の大学というのは一般的な大学と同じです。通信教育制度を導入している大学を通信大学といったり通信制大学と言ったりします。

まずこれを前提としてください。

そして、「日本には通信大学が複数あり、そこで様々な教員免許や資格を取得するための勉強をすることができ、単位を取得することができれば教員免許や資格をもらうことができる」といったものです。

ではどのように単位を取得していくのかというとですが、主にレポートを自宅で作成し大学に送ります。その後、レポートの試験を受け合格することで単位を取ることができます。ではもっと詳しく説明しましょう。

そのため、社会人になってから教員免許を取ることができないと思っている人もいるようですが、そのようなことはありません。いつでも教員免許を取るチャンスはあるのです。

通信教育とは通信制の大学で勉強すること

「通信教育」とは一般によく知られた言葉です。知られた言葉ではあるものの、その内容を詳細に知る機会はあまりありません。

「通信」といえば、通信教育と通信講座の2つをよく耳にするかと思います。しかしこの2つは全く違ったものといえます。

ここでいう「通信教育」とは「通信大学」のことです。

通信大学で通信教育が始まったのは1947年のことです。年々受講者数は増加しています。人気の秘密は仕事をしながら自分のペースで勉強が出来るということです。年齢層も幅広く社会人・主婦・その他、定年退職をした人などから支持されています。

通信教育は学校教育法(第54条の二および第69条の二)に定められた正規の高等教育課程です。文部科学省の認可した大学・短期大学にのみ設置されています。

つまり普通の大学と変わりありません。ほとんどの通信大学はメインキャンパスを設置しています。そして昼間の間は普通に学生が通い授業を受けています。

取得できる免許や資格は同じもの

「通信大学の通信教育で取得した免許や資格は、一般の大学で取得したものと一緒?」

よくこのような質問を受けますが全く同じものです。さらに優劣はありません。

たとえばこれにより教員採用試験の合否に影響が出るかというとそういったこともありません。これは実際に試験管をしていた先生に聞きました。

さらに教育現場では、通信教育で教員免許を取得した先生が何人も働いていますし、中には学年主任を務めている先生もいます。

取得できる教員免許一覧

通信大学ではさまざまな教員免許や資格を取ることができます。たとえば以下の教員免許を取得することが可能です。

見てわかる通り、ほぼすべての教員免許を取ることが可能となっています。

通信教育の勉強は自宅で学習が基本 単位を取得していくことが大事

単位習得方法としては、配布されたテキストに沿って自宅で学習をします。各教科ごとに課題があり、課題に沿ってレポートを作成し、郵送で提出します。その後テストを受け、合格すると単位習得となります。

利点としては自分の好きな時間に学習できることでしょう。

大学卒業資格も取ることができる

一般的な4年制大学を卒業すると「学士」、そして短期大学を卒業すると「短期大学士(過去の准学士)」を取得することができます。

俗にいう「大卒資格」というものです。

これも通信大学で取得することができます。もっと言うと通信大学の中には大学院もあります。そのため「修士」も取ることが可能となっています。

通信大学の弱点 対面授業ではないため難しさもある

良い点が多い通信教育ですが、欠点もあります。

「対面授業でないため分らない点をすぐに先生に聞くことができないこと」「1人で学習をし続けるため強い意志がないと続かないということ」です。

つまり小学校や中学校は、先生が生徒の前に立ち直接授業をしてくれました。通信大学ではそのスタイルではありません。送られてくる教科書を読み、さらに参考となる本を図書館などで見つけ読み、そこから理解したことをレポート用紙にまとめ大学に送ります。それを繰り返していきます。

そのため分からないことをリアルタイムで解決することができないことが欠点に挙げられます。

また基本的には一人で勉強をしていきます。自分自身をしっかりと管理できる人でないと、途中で投げ出してしまうのです。

「通信大学の卒業率はあまり高くない」という話を耳にすることもありますが、これは内容が難しいというよりも、自分自身をしっかり管理できなくて続けていけない人が多いのではないかと思うのです。

しかし、「スクーリング」という制度で、大学に行き授業を受けることができます。つまり通常の大学生と同じように「対面授業」を受けることができるのです。これは通信大学の弱点を緩和さえる方法といえますし、実際に私も参加しとても有意義だと感じました。

E-ラーニングの導入が増加

最近の通信大学では「e-ラーニング」が導入が広まってきました。E-ラーニングとはインターネットを利用して学習することです。

例えばこのサイト内でも紹介している「東京未来大学」では、全てとは言いませんが、一部試験もパソコンから行うことができます。質問を行うこともできますし、専用の掲示板が用意されていて、情報交換もできます。

さらに成績確認もできます。また一部ではありますが、パソコンからスクーリングを受講することもできます。

このようにe-ラーニングを導入する通信大学は年々増加しています。

参照⇒スクーリングのない通信大学 一覧

 

※追記 2014年3月11日

 

 




 

全国の通信大学

所在地大学名
北海道北海道情報大学
群馬県東京福祉大学
埼玉県人間総合科学大学
千葉県聖徳大学 / 帝京平成大学 / 放送大学
東京都明星大学 / 日本大学 / 玉川大学 / 創価大学 / 東洋大学 / 法政大学 / 慶応義塾大学 / 日本女子大学 / 自由が丘産能短期大学/ 東京未来大学 (オススメ) / 武蔵野大学 / 武蔵野美術大学
神奈川県星槎大学
愛知県愛知産業大学 / 愛知産業大学短期大学 / 日本福祉大学
大阪府大阪芸術大学
京都府佛教大学 / 佛教大学大学院 / 京都造形芸術大学
兵庫県神戸親和女子大学 / 姫路大学
岡山県吉備国際大学
宮崎県九州保健福祉大学
※所在地は本部を置いている場所です。

記事のタイトルとURLをコピーする


このページの先頭へ