通信教育で先生になるって?

通信教育を利用することで、大学に行かなくても資格や免許を取得することが出来ます。

主にレポートを自宅で制作してそれを大学に送ります。その後レポートのテスト等を受験し単位を取り資格獲得に至るのです。

ではもっと詳しく説明しましょう。

通信教育とは

『通信教育』とは一般によく知られた言葉です。しかし、その内容を詳細に知る機会は余りありません。

『通信』といえば、通信教育と通信講座の2つをよく耳にします。しかし、この2つは全く違ったものといえます。

通信教育は1947年に始まりました。年々受講者数は増加しています。人気の秘密は仕事をしながら自分のペースで勉強が出来るということです。年齢層も幅広く社会人・主婦・その他、定年退職をした人などから支持されています。

通信教育は学校教育法(第54条の二および第69条の二)に定められた正規の高等教育課程です。文部科学省の認可した大学・短期大学にのみ設置されています。

自宅で学習 単位取得

単位習得方法としては、配布されたテキストに沿って自宅で学習をします。各教科ごとに課題があり、課題に沿ってレポートを作成し、郵送で提出します。その後テストを受け、合格すると単位習得となります。

利点としては自分の好きな時間に学習できることでしょう。

通信過程を終了すると、通学過程の人と同じ学士・もしくは準学士(短期大学)を取得することが出来ます。近年では大学院においても通信教育を受講することができるようになりました。

欠点としては、面接授業でないため分らない点をすぐに先生に聞くことができないことや、1人で学習をし続けるため強い意志がないと続かないということです。しかし、『スクーリング』という制度で、大学に行き授業を受けることができます。つまり通常の大学生と同じように「対面授業」を受けることができるのです。

e-ラーニングの導入が増加

最近の通信大学では「e-ラーニング」が導入が広まってきました。e-ラーニングとはインターネットを利用して学習することです。

例えばこのサイト内でも紹介している「東京未来大学」では、全てとは言いませんが、一部試験もパソコンから行うことができます。質問を行うこともできますし、専用の掲示板が用意されていて、情報交換もできます。

さらに成績確認もできます。また一部ではありますが、パソコンからスクーリングを受講することもできます。

このようにe-ラーニングを導入する通信大学は年々増加しています。

参照⇒スクーリングのない通信大学 一覧

 

※追記 2014年3月11日

 

 


 

全国の通信大学

所在地大学名
北海道北海道情報大学
群馬県東京福祉大学
埼玉県人間総合科学大学
千葉県聖徳大学 / 帝京平成大学 / 放送大学
東京都明星大学 / 日本大学 / 玉川大学 / 創価大学 / 東洋大学 / 法政大学 / 慶応義塾大学 / 日本女子大学 / 自由が丘産能短期大学/ 東京未来大学 (オススメ) / 武蔵野大学 / 武蔵野美術大学
神奈川県星槎大学
愛知県愛知産業大学 / 愛知産業大学短期大学 / 日本福祉大学
大阪府大阪芸術大学
京都府佛教大学 / 佛教大学大学院 / 京都造形芸術大学
兵庫県神戸親和女子大学 / 姫路大学
岡山県吉備国際大学
宮崎県九州保健福祉大学
※所在地は本部を置いている場所です。

記事のタイトルとURLをコピーする

このページの先頭へ