塾の先生は色々な人がいる

学校の先生同様、塾の講師にも様々な人がいます。

 

塾は基本的に成績を上げる場所です。ということは、塾の講師に特に必要なのは、生徒の疑問点をしっかりと把握し、問題をその生徒に合った方法で解決しなければいけません。

 

しかし、それが出来ない先生が数多くいるのが現状です。

 

なぜでしょう?理由はとても簡単です。多くの先生は自分が学生の時にはある程度勉強が出来ています。自分なりの勉強法と理解の方法が確立されているのです。ですから、全然勉強できない生徒の存在自体が彼らにとっては未知の領域なのです。

 

ですから、何度説明しても間違えてしまう生徒を目の前にすると感情を出してしまう先生も少なくありません。

 

怒る人。戸惑う人。無視する人。

 

これでは駄目です。どんな状況においても冷静に対処しなければいけません。どこで生徒が悩み、どうすれば解決できるのかを一緒に考える必要があります。一緒に同じ問題に取り組むことで、教師と生徒の間の関係も深くなります。

 

正直、教師の教える力があまりなくても何かしらの魅力があれば生徒はついてきます。また、教師の魅力が生徒のやる気を引き出すこともあります。そうすることが出来れば、生徒は勝手に自分ひとりでも勉強をし始めます。

 

多くの先生という肩書きを持った人に言いたい。

 

生徒との信頼関係を築くことが一番の勉強法です。



【前の記事】 «
【次の記事】 

 

全国の通信大学

所在地大学名
北海道北海道情報大学
群馬県東京福祉大学
埼玉県人間総合科学大学
千葉県聖徳大学 / 帝京平成大学 / 放送大学
東京都明星大学 / 日本大学 / 玉川大学 / 創価大学 / 東洋大学 / 法政大学 / 慶応義塾大学 / 日本女子大学 / 自由が丘産能短期大学/ 東京未来大学 (オススメ) / 武蔵野大学 / 武蔵野美術大学
神奈川県星槎大学
愛知県愛知産業大学 / 愛知産業大学短期大学 / 日本福祉大学
大阪府大阪芸術大学
京都府佛教大学 / 佛教大学大学院 / 京都造形芸術大学
兵庫県神戸親和女子大学 / 姫路大学
岡山県吉備国際大学
宮崎県九州保健福祉大学
※所在地は本部を置いている場所です。

記事のタイトルとURLをコピーする


このページの先頭へ