教員はどの程度挨拶をすればよいのか?挨拶は基本中の基本!

教員はどの程度挨拶をすればよいのか?挨拶は基本中の基本! 先生を目指すなら知っておきたい現場事情

挨拶は基本 堅苦しく考える必要はないが

教員の基本は「挨拶」と言っても良いほど、本当によく挨拶をします。

これは社会人の常識とも言えることのため良いことではあるのですが、本当によく挨拶をします。

学校で子どもに会えば挨拶をしますし、同僚に会っても挨拶をします。

朝なら「おはようございます」、昼なら「こんにちは」などです。「お疲れ様」も多用するかもしれません。

挨拶は重要と子どもたちに指導しているわけですから当然の行動ではあります。

では例えば、知らない人に会ったときにはどうするのか?

もちろん挨拶をします。

それが子どもであろうと大人であろうとです。学校を訪問してきた保護者に対しても、そして工事関係者などに対しても挨拶は当然のように行いますし行うべきでしょう。

職員間では「ありがとうございます」が頻繁

そんな中、教員特有かもしれませんし地域性もあるかもしれませんが、教員はとにかく「ありがとうございます」というフレーズを多用します。

特に職員室の中ではかなりの頻度で聞かれます。

教員は様々な仕事を抱えています。それを助け合いながら行っているのですが、何か少し手伝ってもらったら「ありがとうございます」と言います。

これは当然のこととしても、ちょっとしたことでも「ありがとうございます」と言います。

「え?そんな感謝されるようなことしていないよ」

と思うときにでも「ありがとうございます」と言われます。

逆に言われすぎて、その言葉に心はこもっているの?と思うほどです。

いずれにせよ、挨拶は教員にとっては絶対に必要なことです。した方が良いなぁと思うシーンでは必ずした方が良いでしょう。

自分ができなければ子どもたちにも指導できませんからね。

タイトルとURLをコピーしました
教員免許が取得可能な通信大学一覧 教員免許が取得可能な通信大学一覧