学校の先生の休みは年間何日ありますか?

学校の先生の休みはどのくらいあるのか?

学校の先生の休みは年間何日ありますか?
学校の先生の休みは、「小学校」「中学校」「高校」とどこに属しているのかによって大きく変わってきます。また、学校や地域によっても変わってきます。

さらには部活動の顧問であるかどうかで大きく左右されます。

例えば「小学校教員」の場合、必要最低限の日数勤務すると考えると、年間休日は130日~140日前後は確保できると思います。

ただし、多くの先生は休日出勤したり研修に参加したりしてもっと休日数で言えば少ないですが、休もうと思えば休めます。

ただし先ほども言ったように、例えば中学校の先生であり、部活動の顧問をしている場合、そしてその部活の熱心度、レベルによっても左右されますが、かなり休日は少ないと考えられます。

休みの日数は学校や先生によって異なる

学校の先生の休みは、小学校、中学校、高等学校のどこに勤めるのか、そして学校の校長の考え方や周りの先生の考え方、そして先生自身の考え方や状況によって異なります。

公立学校の場合の話ですが、先生は地方公務員となります。そのため、休日はしっかりと確保されています。

その休日をどのように使うのかによって休日の日数が変わってくるのです。

部活の顧問になると休日は一気に減る

部活の顧問になってしまうと、どうしても休日は減ってしまいます。つまり中学校や高等学校の先生で部活の顧問を担当してれば、休日は削られてしまいます。

もしも休日を減らしたくないということであれば、顧問にならないことが一番なのですが、実際断るのは難しいと思います。とくに若手の先生は。

そのため、休日をなるべく多く確保したいということであれば、小学校の先生になることをおススメします。

小学校であれば部活はありません。そのため、部活によって休日が削られてしまうということが発生しづらいです。ただし、クラブ活動はあります。クラブによっては休日に発表会や試合があることがありますので、そこは休日が削られることになってしまうことでしょう。

休日出勤する先生は意外と多い

小学校の先生でも休日出勤する人は意外と多いです。これは先生の考え方や作業効率などによります。

普段は大体15時まで授業を行います。その後、学校内の会議や研修が組まれています。自由な時間が取れるのは終業時間くらいになりやすいです。そこから宿題のチェックをおこなったり、掲示物の処理を行なったりします。

クラスの人数が30人前後であるため、1人の生徒にかける作業時間✖️30の時間がかかってしまうのです。

とくに授業参観や懇談会は、保護者が学校に来ます。子どもたちが作成した制作物を見せたいという思い、そして学校側からの指導もあり、教室中、そして廊下に掲示物を掲載します。そしてそこには生徒一人ひとりに向けたコメントをつけます。

これにかなり時間がかかってしまうのです。よって休日出勤をしてそれらの作業を行う先生は意外と多いのです。休日であるため出退勤時間は決まっていないため、自由に来て自由に帰っていきます。

参照元⇒学校の先生の一日 小学校教師の勤務時間は表向きは9時間(1時間休憩)

 

タイトルとURLをコピーしました
教員免許が取得可能な通信大学一覧 教員免許が取得可能な通信大学一覧